2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

今週の結果&来週の見通し

2015年1月11日 (日)

【USDJPY】目先は持合を想定しつつも115円割れに注意!

ドル円は115-122円での持ち合いになった感じですね。ただし115円を割り込むと109円がターゲットになりますので、週明けの流れに注意です。
     [サポート][レジスタンス][トレンド]
[日足]  115.00     120.00   SQ
[週足]  115.00     122.00    SQ

雇用統計のドル円は119円Highまで伸びたものの、最終的には118円Midで引けています。正直119円台で終わると思っていたので、買いの弱さが散見されました。チャート的には119円Lowにある日足短期線が上値を抑える形になっています。このことから115円を維持するなら三角持合、割り込むならダブルトップとなりますので115円が正念場です。
昨年の120円越えは個人的にはオーバーシュートと見ており、現状のレートは高いのではないかと見ています。ただ動けば相場ですので、まず年明けは115円を維持できるのかどうかに注目です。もし割り込むようなら121.88円とネックの115.64の倍返しになる109.40がターゲットになります。維持できるなら春先までは持ち合い継続と考えたいですね。

【EURUSD】あほうになって買いのタネまけ

ユーロドルはまったく下げ止まる気配がありません。ただし、過去ここから巻き戻されたことがありますので、そろそろ下げ止まることも想定しておきたいです。
     [サポート][レジスタンス][トレンド]
[日足]  1.1650     1.2300   Sell
[週足]  1.1650     1.3100    Sell

ユーロドルは9円ぶりの1.17ドル台に投入しており、下げ止まる気配はありません。チャート的にも売り一色なのですが、過去この領域では何度も止められています。2003円に上抜けて以来、下ヒゲを作る流れになっていますので売るにしても注意が必要かと思います。個人的には乗り遅れるとしても売りたくないですね。だったら買えるのか?というと1.22-1.23ドルにあるレジスタンスが上値を抑えていますので、ココを越えない限りは買いの形にはなりません。FXでは逆張りは要注意ですので、年明けはまだ待ちです。ただ今の状況はまさしく「野も山もみな一面の弱気なら、あほうになって買いのタネまけ」であり、買いのほうがうまみはありそうです。反発する局面を待ちたいと思います。

【EURJPY】天井っぽい動きだが、まだ下げには転じていない。

ユーロ円はユーロドルの下げに釣られているものの日足長期線を維持しており、一旦は下げ止まる可能性があります。目先は手を出さずに置くほうが良いと思われます。
     [サポート][レジスタンス][トレンド]
[日足]  138.00     145.00   SQ
[週足]  134.00     150.00    SQ

週足ではMACDが反転しそうになっており中長期では下げの流れかとは思います。一方で日足では140円Lowにある日足長期線で一旦止められています。一気に下抜けるのも考え難いですので、一番可能性の高いシナリオは一時的には反発するが上値を抑えられるパターンでしょう。日足短期線は145円前後に位置していますので、反発が見られるならココまでの上昇は十分ありえます。一方で下抜けた場合は134円の下ヒゲを作った辺りが重要ポイントとなりそうです。また138円には建玉が多いでしょうから、下げ止まる可能性が高いですね。ユーロドルも下げが急であることもあり、反発は想定しておきたいところです。ただしあくまで長期的には売りですので、その場所を探すことになりそうです。
戦術的には145円までのどこかでの戻り売りが基本スタンスで、138円割れるようなら軽めに売りかけていく作戦ですね。

2014年12月14日 (日)

FXよ!私は帰ってきた!!

やっと復帰の目処が立ちましたので、ブログ再開したいと思います。
とはいえ既に年末進行となっていますので、リハビリを含めてしばらくは軽くいくつもりです。
みなさんにお付き合いいただければ、幸いです。

さてまず、ドル円は121円まで上昇後に調整の流れになっています。118円Midにある日足短期線がまずサポートとなっていますが、終値ベースでココを維持できるかどうかがポイントですね。個人的には110円や113円にある日足中長期線まで下げると見ていますが、今後の動きに注目ですね。
ユーロドルはそろそろ止まってもよさそうですが、止まる気配がありません。1.25ドルMidにある日足中期線を越えたなら、一旦戻りが入るでしょうがそれまでは待ちですね。
ユーロ円もドル円と同じく調整基調ではありますが、日足短期線を維持しています。短期線のある147円Midを維持できればよいですが、できなければ140円~142円までの調整の可能性が出てきます。

さて冒頭にも書きましたが、そろそろ年末を睨んだ時期になってきました。ここ数年の年末は比較的穏やかな相場でしたが、今年はだいぶ荒れるのでは?と想像しています。
一つ目は年後半で急激な円安が進んでおり、調整が入っていない状況にあること。
二つ目は来年度はFRBの利上げがあるが、その時期について明確なコンセンサスがないこと。
三つ目に石油をはじめ、商品先物相場が下落していることです。
相場を動かしたい向きが多いことから、年末年始の薄商いを狙ってくる可能性が高いですので要注意と思います。ドルロングで利食いしてない場合はヘッジするなり、対応が必要と思います。逆にドルショートは回転良く、利益を上げたいですね。

2014年8月24日 (日)

【USDJPY】104円にワンタッチ、上昇トレンドへ転換!

ドル円は104円にワンタッチしました。これで200日線をサポートに上昇トレンド再開となりますね。
    [サポート][レジスタンス][トレンド]
[日足] 102.50   105.20     Buy
[週足] 100.50    105.50     Buy
ドル円は104円まで上昇したことで上昇トレンドが明確になりました。これで日足長期線がサポートになりましたので、この上昇トレンドに乗って行きたいと思います。次のターゲットは105円Midになりますが、そう簡単には上がらないと思いますのでじっくり攻めたいと思います。
テクニカルでは102円Midまで日足長期線が上がってきており、これが本命のサポートとなります。ただ103円前後にはかなりの売り玉が残っていると思いますので、そこまで下げないかもしれません。103円台で下げる局面があれば積極的に買いに回りたいですね。

【EURUSD】引き続き下げる流れが継続!

ユーロドルは1.32ドルまで下げてきました。これで大きな流れが変わったことが明確になりましたね。
[サポート][レジスタンス][トレンド]
[日足]1.3100   1.3600   Sell

[週足]1.3000   1.3700   Sell
ユーロドルはほぼ2年間渡ったユーロ高トレンドが終焉したことが明確になりました。これで1.20ドル方向に動くことになるかと思います。ファンダメンタルズ的にも金利差が大きくなるユーロとドルではドル高になることに間違いはなく、更なる下落を想定する必要がありそうです。
テクニカルでは現状1.33ドルMidに位置している日足短期線を維持できておらず、更なる下落が進みそうです。順次売り下がっていく必要がありますが、急反発も想定はしておきたいですね。上値は1.36ドルに菱中期線、1.37ドルに日足長期線があります。戻してもココまでですので、反発時はここらをバックに戻り売っていきたいですね。逆に下値は1.31ドルがまず目処になるかと思いますが、チャートポイントとしては弱いです。1.30ドルまで下げ止まらない場合も考慮しておきたいですね。急落してもユーロ買いは禁物です。

【EURJPY】ドルとユーロドルとに挟まれ、神経質な動きになりそう!

ユーロ円はドル円とユーロドルに挟まれたおり、来週以降も神経質なうごきになりそうです。
     [サポート][レジスタンス][トレンド]
[日足]  135.00     138.50   Sell
[週足]  120.00     140.00    Sell

ユーロ円は135円まで下げてから138円まで戻してきています。ドル円の上げと、ユーロドルの下げに挟まれており、難しい動きになりそうですね。日足で見た場合、138円で頭を抑えられている感じですので、まず来週はココを越えられるかどうかに注目しておきたいです。
テクニカルでは137円にあった日足短期線を越えてきており、一旦戻しを試しそうです。その場合は138円highにある日足中期線、139円highにある日足長期線が目処にされると思われます。逆に下値は135-136円が堅くなりそうですが、抜けるともう一段下げになりますので要注意ですね。

2014年8月11日 (月)

【USDJPY】下値の堅さを確認したか、それとも・・・。

ドル円は米国の空爆ネタで為替・株共に急落しました。ただし、それでも101円Midまでと下値は限られた感じです。とりあえず上向きが継続していると考えておきたいですね。
    [サポート][レジスタンス][トレンド]
[日足] 101.00   104.20      SQ
[週足]  82.50    105.20      SQ
ドル円は米国の空爆の一方でリスク回避から急落しました。ただし、下値は限られ、かつ102円で引けていますので、今のところ大きく下げる余地は少なそうです。ただし週明けに上値が重い状態が続くようなら、再度下値模索が始まる可能性があります。油断は禁物ですね。
テクニカルでは下値は引き続き101円に注目です。一方で上値ですが再び103円に乗せられるかどうかが重要ですね。103円Lowを上抜けた場合は、完全に上方トレンドになったことを意味しますので、その流れに乗り遅れないようにしたいところです。


【EURUSD】一旦の戻しを想定しておく必要がありそう。

ユーロドルは1.33ドルLowまで下落も1.34ドルまで戻して引けています。一旦戻すことを想定したいですね。
[サポート][レジスタンス][トレンド]
[日足]1.3300   1.3600   Sell

[週足]1.3000   1.3700   Sell
ユーロドルは米国の空爆のおかげでリスク回避になってしまいました。まったく迷惑な話ですが、動けば相場ですのでそれについていくしかありませんね。一旦底をつけた感がありますので、戻しを想定する必要があります。
テクニカルでは日足短期線が1.34ドルMidに位置しています。戻すとしたらココは必ずクリアしてくるでしょう。そうなると1.35ドルMidにある日足中期線が戻りの目処かと思います。ココから売りあがっていくことになるでしょう。最終ラインは1.36ドルMidで、ココに長期線があります。流れ次第でしょうがオーバーシュートは考慮しておきたいですね。下は1.33ドルが目処ですがチャートポイントではありませんので、あくまで目安と思っていおきたいです。

ウクライナやイスラエルも安堵する状況にありません。突発的なイベントには注意したいですね。

【EURJPY】136円割れも更なる下落は回避できるか?

ユーロ円はドル円の下落もあって136円割れまで下げました。ただし、そこからだいぶ戻して引けており、更なる下落につながるかどうかは微妙ですね。
     [サポート][レジスタンス][トレンド]
[日足]  135.00     138.50   Sell
[週足]  120.00     140.00    Sell

ユーロ円は135円Midまで下げましたが136円Lowまで戻しています。大きな下ヒゲができていますので、一旦下げ止まりも考慮しないといけませんね。ただ大きな流れは変わっていませんので、戻りを確認してから再度下げるという流れになりそうですが・・・。
テクニカルでは138円に第一レジスタンスがあります。その上は139円Low-Midですが、今となっては遠いですね。下値は135円に週足のレジスタンスラインがありますので、そこが最後の砦になります。

より以前の記事一覧

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ