2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 雇用統計前に更なる下げは難しそう | トップページ | 【EURJPY】戻り売り局面だが、140円が戻しの目処になる。 »

2014年2月 7日 (金)

対雇用統計戦術

さて雇用統計ですね。ドル円、ユーロ円はもう一段上がる局面があれば売りに回りたいところです。逆に下げたら手を出さないでおきたいですね。
[時間足]  [トレンド][エントリー][ストップ]
[USDJPY]    Sell     103.00
   104.20
[EURUSD]
    SQ
    1.3700   1.3800 
[EURJPY]    Sell      140.20
   142.00
ドル円は102円まで戻しています。ココまでは想定どおりですが、雇用統計後にどのような動きになるかですね。上は103円に日足のレジスタンスがあり、戻りの目処になります。逆に下は100円Midでココを割り込むのは難しいのではないかと思います。個人的には下値は維持されると思いますので、上げた場合のみ売りに回るつもりです。
ユーロドルは1.35ドルMidに位置しています。正直明確な動きが見えませんので、手を出したくありませんね。あえてやるなら上がったところを売りかけるくらいで、その場合は1.37ドルがエントリーポイントかと思います。
ユーロ円もドル円と同じで日足での戻り売りを狙いたい形です。140円が日足レジスタンスですので、そこまで上がったら売り掛けですね。逆に137円割れは手を出したくない位置です。突っ込んでから巻き戻すパターンになりかねませんので要注意ですね。

« 雇用統計前に更なる下げは難しそう | トップページ | 【EURJPY】戻り売り局面だが、140円が戻しの目処になる。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548899/59088642

この記事へのトラックバック一覧です: 対雇用統計戦術:

« 雇用統計前に更なる下げは難しそう | トップページ | 【EURJPY】戻り売り局面だが、140円が戻しの目処になる。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ