2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 【EURUSD】レンジブレイクの期待が掛かるが・・・。 | トップページ | ドル円はどこまで戻しが入るか? »

2013年8月11日 (日)

【USDJPY】下値模索も、まずはレンジと考えて対応

意外と底堅いと書いたとたん、下落するのだからブロガー泣かせです。来週は本格的な調整か、レンジなのか見極める局面となりそうですね。まずは安値を維持できるかどうか、週明けのGDP速報値に注目です。
    [サポート][レジスタンス][トレンド]
[日足] 90.80      102.20      SQ
[週足] 82.50      104.20      ブル
ドル円は97円Midを割り込んだことで目先の投げが出たようです。これにつられて結局95円台まで下げました。ただそこからは反発して引けていますね。まずはこの安値を維持できるかどうかに注目ですが、週明け早々からGDP速報値が待ち受けています。まずはこの数値を受けて株価がどう反応するか、それを受けて為替がどう動くかに注目です。
テクニカル的には日足短期線を割り込んでの下げパターンです。下のチャートポイントは2つでひとつめは日足サポートラインの94円Mid-95円ですね。ココを維持できるようなら、しばらくは三角持合となります。ココを維持できずに下げるようなら、2つめの93円Highに位置する長期線まで下げる流れとなります。その場合は今までの上げ相場を考えるとオーバーシュートも大きいことは想定したいです。どちらにしてもあくまで上げ相場の中での動きですから、過度な下げ期待は戒めたいです。上は期待薄ですが時間足では98円が、日足では99円にレジスタンスができそうです。

« 【EURUSD】レンジブレイクの期待が掛かるが・・・。 | トップページ | ドル円はどこまで戻しが入るか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548899/57973438

この記事へのトラックバック一覧です: 【USDJPY】下値模索も、まずはレンジと考えて対応:

« 【EURUSD】レンジブレイクの期待が掛かるが・・・。 | トップページ | ドル円はどこまで戻しが入るか? »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ