2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 指標の悪い結果もドル売りは限定的! | トップページ | 【EURJPY】目先の安値を維持できるか? »

2013年6月 7日 (金)

ドル円急落を受けて、雇用統計へ!

昨晩は久しぶりにドル円らしい急落となりました。雇用統計を前に下げ始めましたので、発表後もこの流れは継続すると見ています。ただ雇用統計の結果は注視したいですね。
[時間足]  [トレンド][エントリー][ストップ]
[USDJPY]    Sell        97.50
    102.50
[EURUSD]
    Buy    
     1.3160     1.3000 
[EURJPY]    Sell       129.0
0        132.00
ドル円は昨晩96円割れまで下げましたが、朝方には97円Midまで戻しました。ただそこからの上伸はなく、再度下げて安値更新です。雇用統計の結果にかかわらずドル円は下げパターンと見ています。ただ一時的な高騰はありえそうですので、状況を確認してからですね。
ユーロドルは1.32ドルMidまで上伸しています。高値であった1.32ドルMidを抜けていますので、こちらもドル売りが継続と見ています。ただし1.32ドルMidで止まっていますので、雇用統計の結果がよければ押される可能性があります。無理はせずに上がれば追撃、下がれば押し目買いでよいと思います。
ユーロ円は基本下げていますね。ドル円とユーロドルの間に挟まれていますので、雇用統計直後は大きく動くと思います。129円に時間足のレジスタンスがありますので、ここまで戻る局面があれば売りかけたいところです。逆に下げるようなら押し目を買って、戻りを待ちたいと思います。

雇用統計がよければ株は売られ、悪ければドルは下がります。どちらにしてもドル売りになりそうですので、注意ですね。特にドル円は下げるならまだ下げ余地は大きいと思いますので・・・。

« 指標の悪い結果もドル売りは限定的! | トップページ | 【EURJPY】目先の安値を維持できるか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548899/57543855

この記事へのトラックバック一覧です: ドル円急落を受けて、雇用統計へ!:

« 指標の悪い結果もドル売りは限定的! | トップページ | 【EURJPY】目先の安値を維持できるか? »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ