2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« すでにFOMCを睨んだ動きに突入か? | トップページ | ドル買いの動きがどこまで継続するか? »

2013年6月20日 (木)

FOMCの結果を受けて、次の流れを見極める必要が・・。

先ほどFOMCが発表され、バーナンキ議長が会見に臨んでいます。現状はドル買いに反応していますが、ダウは調整模様ですね。ドル買いは良いのですが、一過性のものか継続的なものか見極めないといけません。ドル買い一服の後にどのような動きになるのかに注目しています。

会見でのバーナンキ議長の発言は今のところ無難なところで、2013年度中にQE3の縮小をはじめ、1年程度で終了し、以降利上げを始めると言っています。また失業率は下方修正を見込んでおり、インフレリスクを考えていますね。内容的には無難なところですが、従来のニュートラルな考えからインフレ対応にシフトつつあります。FRBがスタンスを変えつつありますので、相場がどう判断するかですね。上でも述べましたがドル買いが一過性なのか、もう少し継続するのか見極めてからの対処になります。

ドル買いは利食いを考えながらの対応を、売り方は戻りを見極めたいですね。ドル円なら97~99円程度までは戻しが入る可能性がありますので、どこで止まるかを注視しておきたいと思います。

« すでにFOMCを睨んだ動きに突入か? | トップページ | ドル買いの動きがどこまで継続するか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548899/57627375

この記事へのトラックバック一覧です: FOMCの結果を受けて、次の流れを見極める必要が・・。:

« すでにFOMCを睨んだ動きに突入か? | トップページ | ドル買いの動きがどこまで継続するか? »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ