2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« ドル円は再び下落傾向が続く!ユーロドルは下げ止まれるか? | トップページ | 【EURJPY】中長期線をサポートに反発だが新高値更新なるか? »

2013年4月 3日 (水)

雇用統計前に新たな動きとなるか?

ドル円が再び下げ始めていますね。ユーロドルは日足長期線に上値を阻まれているものの、下げてもおらずなかなかに難しい配置となっています。
[時間足]  [トレンド][エントリー][ストップ]
[USDJPY] Sell         93.50    95.20
[EURUSD]
Buy       
1.2960    1.2760 
[EURJPY]  Sell        121.4
0    125.00
ドル円は93円で方向感のない動きでしたが再び93円を割り込んでいます。ADP雇用統計が悪かったこともありますが上値が抑えられており買いにくい状況が続いていますね。時間足長期線が93円Highまで下がってきていますが、そこまで上昇する力もないように見えますね。ただ逆に雇用統計前にココから下に突っ込む動きになるかどうかも微妙なので、基本は手出し無用かと思います。ただ仕掛けるなら売りで入っておき、日足短期線の位置する95円で撤退が良いかと思います。
ユーロドルは1.28ドルHigjhに位置する日足短期線に上値を阻まれています。ただし時間足では1.28ドルまで押し下げた後反発しており、この動きが継続できるかどうかが目先ポイントですね。雇用統計前に更に上がるなら1.29ドルMidの日足短期線が目処かと思います。個人的には雇用統計前に動く流れではないと見ています。その場合は発表後の動きが重要で、1.29ドルMidに位置する日足短期線をブレイクするようなら再上昇に転じそうです。逆に1.27ドルMidを割り込む流れなら長期的にも下げるパターンとなりますのでより注意が必要となります。
ユーロ円は時間足・日足ともに下向きの流れが継続しています。時間足的には119円Midにある中期線が重いですね。これを越えても120円highの同長期線が上値を抑えそうです。日足的には118円に位置する日足中長期線がサポートとしてワークするかどうかが問題です。割り込むなら110円割れの日足長期線までの調整になりますね。118円で止まるようなら123円の日足短期線との間で持ち合いになると見ています。どちらにしても買いに回れる状況にありませんので、雇用統計をみてから対応の方がよさそうです。

申し訳ありませんが金曜は更新をお休みさせていただきます。次回更新は日曜日ですのでよろしくお願いいたします。

« ドル円は再び下落傾向が続く!ユーロドルは下げ止まれるか? | トップページ | 【EURJPY】中長期線をサポートに反発だが新高値更新なるか? »

コメント

こんにちは
いつも拝見させていただいております
ありがとうございます

今回は相談がありましてコメント欄を使用させていただいております
内容が不適切だと思われましたら、公開しないことを望みます

私は*****の*****(管理者権限にて伏せさせていただきます)というシステムをしようしておりましたが
約定拒否が頻繁にあり、スリッページの知識も持ち合わせておらず、
かなりの損失を出しました
約定拒否はシステム上仕方がないのかと思いましたが、電話で問い合わせたところ
*****では、「お客様にとって不利な方向へレートが動いた場合
スリッページがOであった場合は約定を拒否する」と言われました

有利な方向では必ず約定、不利な方向では、スリッページの幅によるという文言が
たしかに契約の文言に含まれています

また、FXのセミナーに出席した際に相談した折に、約定拒否が頻繁にあるのは
のまれている(DD方式による、ノミ行為)の可能性も高いのではとアドバイスを受けました

そのため、後日の*****の約定の瞬間をビデオに収めました
有利な方向、不利な方向両方収めることができました

今、それをもとに*****に提訴しております

今までは、要領を得ない回答が続きましたが、ビデオを見ていただいたという文言を
いただきたい旨と、それを見ていただいた解釈をと具体的に求めましたところ

私にとって不利な方向で約定したために約定拒否をしたという回答をいただきました

私の認識とは違うのです

もしよろしかったら、ご意見を伺えたらと思いまして、お願いに上がりました

アドレスには、*****とのやり取りを載せています

また、映像は*****にそれぞれアップしています

有利な方向に動いているのにはじかれた現象が映っています
また、不利な方向のものですが*****が不利と言っている*****の主張を通すのなら、
*****は有利ということになり、どちらとしても矛盾しているものです

なぜ、有利な方向、不利な方向という文言にここまでこだわるのかわかりませんが
*****が、有利、不利の認識にこだわる以上は、事実関係はより明白にできるものであります

もし、お時間ありましたら、ご意見をお聞かせ願えたら光栄です

なお、*****からは、私のブログに*****の了承を
得ていないのにもかかわらずにやりとりを載せられるのは
遺憾であり、削除を求められましたが、
弁護士には相談しており、法に触れていることをしている認識はないです

ですが、ご迷惑をおかけすることになりかねませんので、
不適切だと判断されましたら、公開を控えていただければと思います

不躾なコメントですみません

どうかよろしくお願いします

オリーブさん、コメントありがとうございます。
管理人のシリウスです。
せっかくコメントいただきましたが一部伏字にさせていただきました。
(訴訟リスクがありますので、なにとぞご了承ください。)

さてご質問の件です。
ご指摘のあった某大手FX会社さんですが記載されているような自体があったのだろうということは想像にかたくありません。下名も以前この業者さんを検討しましたが、表示レートが不自然なため取引しませんでした。
また他の業者でも同様の症状にあったこともあります。
このようないい加減な業者は正直つぶれてくれれば、業界も良くなるのでしょうがなかなかそういった状況にはなりません。

さて本題に入りたいと思います。
ただし文言については正確性を期すため以下に統一させていただきます。
スリッページ=指定した注文レートと約定したレートの差
ストップロス=逆指値で指定した注文レート
問題点は以下と思います。
①指定したレートで約定しない。(約定が拒否される)
②有利な方向にもかかわらず、スリッページが発生する。

①については成行注文の場合と、ストップロス注文で取り扱いが違います。
成行注文の場合は、提示されたレートに対して必ずしも約定するとは限りません。
これはタイミングと、引き受けられる注文量の問題があります。タイミングの問題とは「レートが提示されたタイミングと、注文が実行されたタイミングによりレートが大きく変動する状況」だと拒否が続く可能性があります。また注文量の問題とは「すべての客先注文が業者の処理注文量を越える状況」だと拒否される場合があります。これらは事実上顧客側がリスクを背負うことになっています。
ただしストップロス注文の場合は事前にレートを指定しており、業者側が約定させる義務が生じます。このためリスクは業者側が背負うことになります。
上記の理由によりもし成行注文であるなら訴訟に勝つことは難しいと思います。

スプリットページの件ですがこれは業者により異なります。スプリットページを保障している場合は注指定した注文レートと約定したレートがある一定以上なら訴えることができ、勝てるでしょう。保障していなければ明らかにおかしなレートであれば勝てますが、そうでないなら(数十銭程度)では難しいと思います。

技術的な観点では上記のようになります。ただ訴訟で勝訴するためには違法性が認定されなければなりません。上記のような場合は道義的な責任は十分あるでしょうが、違法性があるとまではいえないと思います。けっして業者を応援する気はありませんが訴訟的に勝訴するのは非常に難しいのではないかというのが個人的な見解です。
ご参考になれば幸いです。

またおせっかいついでにいうと、了承なくメールを公開することは避けた方が良いとおもいます。公開自体違法ではないでしょうが、名誉毀損で訴えられる可能性があります。内容が事実であろうとなかろうと、相手の評判を害する行為は名誉毀損になる可能性があります。(このため当ブログでは伏字にさせていただきました)
弁護士さんがついているとのことですが、よく相談さなってください。

個人的には勇気ある行為であり、応援したい気持ちです。ぜひがんばってください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548899/57100041

この記事へのトラックバック一覧です: 雇用統計前に新たな動きとなるか?:

« ドル円は再び下落傾向が続く!ユーロドルは下げ止まれるか? | トップページ | 【EURJPY】中長期線をサポートに反発だが新高値更新なるか? »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ