2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 【EURJPY】日足短期線を上抜けたものの未だ持合が継続か? | トップページ | 【USDJPY】高値更新も引き続き上値が重く見えるが・・・。 »

2013年3月17日 (日)

【EURUSD】日足長期線が下支えできるかに注目。

ユーロドルは1.28ドルに位置する日足長期線を割り込むことなく、推移しています。現状MACDが反転しつつありますので、日足ベースで上向けるかがまず注目ですね。
       [サポート][レジスタンス][トレンド]
[日足]1.2800    1.3300     SQ

[週足]1.2000    1.4300     SQ
今週のユーロドルは安値を更新したものの1.29ドルを割り込むには到っていません。一方でMACDが反転しそうになっており、底を打った可能性もありますので買い転換の可能性は考えておきたいですね。
テクニカル的には1.28ドルMidにある日足長期線が下値を支えている形になっており、これでMACDが反転、また1.31ドルLowに位置する日足短期線を越えるようならブル転換となります。ただ逆に日足短期線に上値を抑えられるようだと続落する可能性がありますので、早計は判断は避けておきたいですね。1.31ドルMidを越えれば買い、それまでは様子見を続けたほうが良いと思います。また1.32ドルMidに日足中期線があります。これを越えられれば再度1.40ドルを目指す形になりますので注意ですね。ココで抑えられれば日足長期線と中期線に挟まれた持合に移行することになります。
あとファンダメンタル的にキプロスの救済が週末に決定したことに注目しておきたいですね。救済案の受け入れに対して、国民の預金に追徴金が発生したことがどのような影響を与えるのかが非常に重要です。キプロス自体は小国なのでたいした問題にはなりませんが、これがギリシャ等に波及する場合は流動性に問題が発生することになります。救済されたことをプラスに評価するか、追徴金のマイナスの影響を大きいと見るかで大きな差が出ますので週明けの相場は注意が必要ですね。

« 【EURJPY】日足短期線を上抜けたものの未だ持合が継続か? | トップページ | 【USDJPY】高値更新も引き続き上値が重く見えるが・・・。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548899/56974319

この記事へのトラックバック一覧です: 【EURUSD】日足長期線が下支えできるかに注目。:

« 【EURJPY】日足短期線を上抜けたものの未だ持合が継続か? | トップページ | 【USDJPY】高値更新も引き続き上値が重く見えるが・・・。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ