2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 東京は休場だが、ドル売り続かず! | トップページ | ドル円・ユーロドル共に時間足での持合が続く »

2012年9月19日 (水)

ユーロドルはここからが勝負時!

ユーロドルが一旦1.30ドルまで下げています。本日安値を維持できればもう一度1.31ドルMidまで駆け上がるかもしれませんがそうでないなら一旦日足で下押す展開と見ています。
[時間足]  [トレンド][エントリー][ストップ]
[USDJPY] Buy          78.00      77.00
[EURUSD]
Sell         
1.3050     1.3230 
[EURJPY]  Sell         102.8
0     106.20
ドル円はBOJの金融緩和もあって79円まで駆け上がりましたが後が続かず、78円台に押しています。まだ上向く展開にはなっていませんが本日高値を上抜けることで方向転換しますので、もう一度上抜けることができるかどうかが重要ですね。78円を維持して高値を上抜けるようならベア転換、78円を下抜けるなら77-79円のレンジと見ています。
ユーロドルは1.30ドル割れまで下落しましたが、同位置に位置する時間足に支えられています。ココを割り込むようなら日足長期線の位置する1.28ドル、また日足短期線の位置する1.27ドルLow-Midがターゲットになりますね。日足で駆け上がっているだけに1.27ドルまで下押してもおかしくはないと思います。ただ現状は1.30ドルを維持しているのでココで無理する必要は無いと思いますね。上値は1.30ドルMidに位置する時間足短期線をこえる用なら一旦売りは待機ですね。
ユーロ円は102円Midを下抜けたことで101円Midに位置する時間足長期線まで下げる形になっています。ココまで下げた後が問題で、日足短期線が99円Midに位置していますのでそこまで押す形になるかどうかですね。もし押すようなら流れ的に面白いのですが現状では判断できません。とりあえず売ってからどこまで押すか様子見したいところですね。
ポジション
(1)EURUSD Sell 1.2330 (S/L 1.3530)
(2)EURUSD Sell 1.2240 (S/L 1.3530)
(3)EURUSD Sell 1.2200 (S/L 1.3530)
(4)EURUSD Sell 1.2175 (S/L 1.3530)
(5)EURUSD Sell 1.2300 (S/L 1.3530)

(6)USDJPY BUY 78.60 (S/L 77.00)
(7)USDJPY BUY 78.20 (S/L 77.00)
(8)USDJPY BUY 78.60 (S/L 77.00)
(9)EURUSD Sell 1.2660 (S/L 1.3530)
(10)EURUSD Sell 1.2810 (S/L 1.3530)
(11)EURUSD Sell 1.3115 (S/L 1.3530)

« 東京は休場だが、ドル売り続かず! | トップページ | ドル円・ユーロドル共に時間足での持合が続く »

コメント

シリウスさん、こんばんは。

私が書いた些細な事まで気にしていただき(キングダムの件)大変恐縮です(*_*)
でも、ついおもしろかったので書いてしまいました。お恥ずかしい・・・。
漫画がお嫌いなら無理しないでくださいね。

シリウスさんの仰る通り、私もユーロのこれ以上の買い材料はなかなか出てこないと思います。ですが、売り材料も乏しいと思いませんか?
私の乏しい頭で考えれることは、
・ギリシャの離脱(下げてもすぐ買われそう)
・金利の引き下げ(あまり下げる余地がない)
・米大統領にロムニー氏が当選して、ドル高政策に舵を取る(オバマさん有利?)
・ドイツの離脱(可能性は低い)
・景気がより悪くなる(わかるまで時間がかかる)
ぐらいです。

このポジションとは長いお付き合いになりそうな気がしています。
でも、欧州が金利の引き上げやユーロ共同債を発行しない限り、いずれは下げると思っています。


さくらさん、こんばんわ!
ユーロドルは下げていますが、まだ調整の範囲内で売りモードにはなっていませんね。ささと下げてほしいですが、そうは問屋がおろさない。
さて売り材料ですがさくらさんの言われるようにすぐに下げる材料には乏しいといわざるを得ませんね。ただ書かれているような材料はボディーブローのように利いてくるのではないかと思います。
かつてのドル円もそうでしたが基本的にドルとそれ以外の通貨では潜在的にドルの方が強い傾向があります。基軸通貨なので当然ですが潜在的需要がドルにあるため、経済状況が同じならドル高になります。(現状の円・スイスフランは退避通貨なので動きが異なりますが)
もしこのまま日足長期線を越えた状態が続くなら考えを改めますが、現状はまだそこまでの判断ができる材料はないのでトレンドはユーロ売りドル買いが継続すると見ています。ユーロショートのポジションが多くなりすぎて踏みあげられましたが、再度下げの流れに戻るだろうというのが現状の見通しです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548899/55699064

この記事へのトラックバック一覧です: ユーロドルはここからが勝負時!:

« 東京は休場だが、ドル売り続かず! | トップページ | ドル円・ユーロドル共に時間足での持合が続く »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ