2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 早朝はユーロ売りだったが徐々にユーロ買い優勢へ! | トップページ | 米国GDPが相場の流れを変えるか? »

2012年1月25日 (水)

ユーロ円が上昇を維持できるかがポイント!

ドル円が上昇を維持していることもあり、ユーロ円をはじめクロス円は上昇しています。一方でユーロドルは天井ぽい動きですね。綱引きになりそうですので、ユーロ買いとドル買いのどちらが強いかがポイントですね。
[時間足]  [トレンド][エントリー][ストップ]
[USDJPY] SQ         76.60        78.60
[EURUSD]
Buy      
1.2930     1.2800 
[EURJPY] Buy       
99.60       98.50
ドル円はレンジ内での上昇を維持して78円に乗せてきています。時間足でのサポートが78円Midにありますので、レンジを上抜けるならこのサポートがワークするはずですので、ココに注目しておきたいですね。個人的には上抜けれればおもしろいと思いますが・・・。
ユーロドルは時間足では1.30ドルMidで上値を抑えられており、レンジ気味になっています。時間足でのサポートが1.29ドルLowに位置指定おり、コレが維持できるうちは上方向が強いですね。日足でも1.28ドルMidにサポートがありますので、短期的にはブルが強いと見ています。ただし日足での上値も1.33ドル程度と見ていますのであまり突っ込んでの買いは避けたいですので押し目を待つほうが良さそうです。
ユーロ円は強い上昇を維持しておりサポートが101円前後にあります。少し下げていますがコレを維持すると見ています。ただし下抜けるとサポートがありませんので、再度100円割れを伺う展開になるでしょう。
日足では見た場合程よい位置まで上がってきており、そろそろ売りを考えたいところですね。102円から上があるようなら打診売りで入っても良さそうに思います。ドル円・ユーロドルの動向を見つつ、仕掛け処を探していきたいですね、

« 早朝はユーロ売りだったが徐々にユーロ買い優勢へ! | トップページ | 米国GDPが相場の流れを変えるか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548899/53824492

この記事へのトラックバック一覧です: ユーロ円が上昇を維持できるかがポイント!:

« 早朝はユーロ売りだったが徐々にユーロ買い優勢へ! | トップページ | 米国GDPが相場の流れを変えるか? »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ