2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« ユーロ円が上昇を維持できるかがポイント! | トップページ | 【EURJPY】日足での売り領域へ、買い一巡待ち! »

2012年1月27日 (金)

米国GDPが相場の流れを変えるか?

あと少しで米国GDPが発表になります。相場に影響を与える数少ない指標のひとつですのでしっかり確認してから動きたいところですがどういった結果になるでしょうか?
[時間足]  [トレンド][エントリー][ストップ]
[USDJPY] SQ         76.40        78.60
[EURUSD]
Buy      
1.3100     1.2960 
[EURJPY] SQ        100
.00      101.50
ドル円は78円から下落し77円割れまで下げてきています。結局レンジをブレイクできない展開ですね。米国GDPが良かったとしてもレンジ上限をブレイクできる可能性は低いと見ていますので、レンジ上限での利食い&売りか掛けを仕掛けたいですね。下も堅いと見ています。
ユーロドルは1.32ドルにタッチしにいったものの届かずに若干下げています。ただし時間足ではブルトレンドを維持していますので、上方向が強いです。1.30ドルを維持できるようなら、もう一段上を考えたいですが、割り込むようだと目先高値をつけた可能性が出てきます。そうなると来週の動きに注意ですね。
ユーロ円も時間足ではまだブルトレンドを維持しつつあるもの、頭を抑えられかけており若干押されています。100円Midの時間足サポートと101円Midの時間足レジスタンスの双方に挟まれていますので、このブレイクに注目です。目先は抜けたほうについていきたいですね。上抜けして高値を更新すれば来週も上値追いが継続しますが、下抜けると102円が目先天井になります。次の動きが非常に重要になると思います。
ポジション
(1)USDJPY BUY 76.80 (S/L 75.80)

« ユーロ円が上昇を維持できるかがポイント! | トップページ | 【EURJPY】日足での売り領域へ、買い一巡待ち! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548899/53839019

この記事へのトラックバック一覧です: 米国GDPが相場の流れを変えるか?:

« ユーロ円が上昇を維持できるかがポイント! | トップページ | 【EURJPY】日足での売り領域へ、買い一巡待ち! »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ