2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 【USDJPY】引き続き円買い傾向が続く。雇用統計も期待できず? | トップページ | とりあえず雇用統計前の調整は完了か? »

2011年10月31日 (月)

このタイミングでの介入は意外だが、トレンドを変えるには至らず!?

このタイミングでの介入は想定外ですね。先週介入しなかったので、しばらくないと思っていましたが本日介入し相場を担ぎました。ただし上値は79円まででトレンドを変えるまでにはいたっていません。
[時間足]  [トレンド][エントリー][ストップ]
[USDJPY] SQ         76.70        79.50
[EURUSD]
Sell   
  1.3950     1.4075 
[EURJPY] SQ       
108.00      112.00
ドルは一気にレンジをブレイク79円Midまで上昇しています。日銀が79円Lowの指値で介入したとの報道もあり、今後の動きに警戒感が必要だと思います。ただ79円程度しか担げなかったことでトレンドを変えるまでには至っていません。売り方に売り場を提供したに過ぎないとともいえ、79円からじりじり下げていることからも更なる上伸には疑問符が付きますね。雇用統計もありますので、明日・明後日の動きに注目です。
ユーロドルは1.41ドルから時間足サポートのある1.39ドルHighまで下げてきています。だたし現状はサポートされていますので、このままだと再び上向く可能性があります。逆に現在位置を下抜けるようなら、もう一段の下落はありますのでよくよく注視する必要があります。雇用統計がありますので、上下どちらに動くにしても値幅は限定的と思います。雇用統計後に本格的な動きになると思いますが、どちらに動くかは微妙ですね。
ユーロ円は107円Lowから111円Mid上昇しました。かなりの変動になりました。110円下にあった日足のレジスタンスラインを切る動きとなりましたので、このあとは荒れると思います。万が一再度上方向に動くとした場合、週足のレジスタンスライン114円までは想定しなくてはいけませんね。そこをブレイクして初めてトレンド転換ですので、抜けるまでは戻り売りで対処となります。

ポジション
(1)EURUSD Sell 1.4100 (S/L 1.4075)
(2)EURUSD Sell 1.4200 (S/L 1.4075)

ユーロ円は介入にしてやられましたので、仕切り直しです。ユーロドルはとりあえず売りホールドしておきます。下抜ければ

« 【USDJPY】引き続き円買い傾向が続く。雇用統計も期待できず? | トップページ | とりあえず雇用統計前の調整は完了か? »

コメント

シリウスさんこんばんわ

昨日の介入にはびっくりしましたね。ですが80円を超えられずトレンドを変えるまではいかないようです。
ドル円の戦略としては74円で試し買い、72円で本買い、69円で損切りというイメージです。

それにしても、シリウスさんのユーロドルの読みはばっちりでしたね。
そして下げの早い事(笑)。

今週はイベントが目白押しですのでどこで流れが変わるかわかりませんが・・・・
私は欧州の金利は下がる&QE3はないと思ってますのでもう少しこのポジションに付き合おうと思ってます。とりあえずトントンになればラッキーって感じです。

さくらさん、こんばんは!
あのタイミングは無いよね?という介入でした。まあそれを狙ったのかもしれませんが意外性以外なにもないような気がします。先週介入しないなら雇用統計を見てからでよかった思うのですが・・・。

まあそれはさておきユーロドルは概ね想定通りに動いていますが、下げも速いですね。しかも下げ止まらないままです。1.37~1.38ドルまでは下げると思ったのですが1.36ドルまで下げているのはちょっと想定外です。相変わらずユーロドルは動きが派手です・・・。さて雇用統計後もこの流れが継続するのか?それとも下げ止まるのか注目ですね。ただこう急激に下げると戻すに戻せなくなりそうですが・・・。
もう少し我慢してみてくださいね。

シリウスさんこんにちわ

ギリシャが国民投票をするそうですね。ギリシャが原因の危機の包括的対策を作ったのに、当のギリシャがこれを受け入れるかどうかの国民投票を行うという・・・・・・。
なんだか訳が分からないですね。(こういうお国柄なので売りポジを諦められなかったのですが・・・)
ですが、これでギリシャのデフォルトの可能性が一段と高くなったような気がします。
国民投票をしなければEUの求める財政削減を現ギリシャ政府が実行できなくなっているということですもんね。しかし、国民投票では今回の包括的対策が否決される可能性の方が高いと思われる・・・

個人的には(ユーロドルの売りポジなので)、これによってQE3を実施する可能性が少し高くなったとも思い、不安ですね(不動産等に限定して実施するかも?)

とにもかくにも今週はドキドキの週になりそうです。

さくらさん、こんばんは!
ギリシャの国民投票は民主主義的には正しいのでしょうがデフォルトのリスクが高いギャンブルに見えますね。救済案受け入れが否決されれば(現状そうなりそうですが)、ギリシャ一国ではなくユーロ全体が被害をこうむる可能性があります。どういう結果になるにしても投票までは下げるパターンになる気がしますね。下名も売り持ちのままホールドしていきたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548899/53131518

この記事へのトラックバック一覧です: このタイミングでの介入は意外だが、トレンドを変えるには至らず!?:

« 【USDJPY】引き続き円買い傾向が続く。雇用統計も期待できず? | トップページ | とりあえず雇用統計前の調整は完了か? »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ