2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« ユーロドルは窓埋めできず、FOMC待ちへ移行。 | トップページ | 【EURJPY】ユーロ売り継続だが売り疲れも、そろそろ調整か? »

2011年9月23日 (金)

QE3期待の剥離からリスクオフへ移行。

FOMCでのQE3実施の文言がなかったことで株価が失速。為替もリスク回避の円買い、ドル買いになっています。トレンド的には流れが変わりそうにありませんので、ユーロドルをベースにショートしていきたいですね。
[時間足]  [トレンド][エントリー][ストップ]
[USDJPY] Buy       76.20       75.50
[EURUSD]
Sell   
 1.3700     1.3830 
[EURJPY]  Sell    
105.00      106.00
ドル円は76円前半まで沈んでいます。介入期待や何やらがあると思いますが、基本的にドル円売りの流れが変わる材料がありません。相場自体もユーロ主体に動いていますので、ドル円で手出しするのは難しいと思います。とりあえずはスルーしておきます。
ユーロドルはFOMC前の戻しから1.33ドル台まで下げています。こちらもユーロを買う材料は特になく、リスク回避からのドル買いが進んでいます。ファンド勢のレパトリの話も出てきており、流れが変わるのは難しそうです。とりあえずは1.36-37ドルまで戻す局面を待ち、戻り売りしたいですね。
ユーロ円は100円割れが見える位置まで下げています。トレンドは下なのですが、売りのスピードが速すぎますので、こちらも戻りをまちたいところです。とりあえずは104円台、105円があればラッキーと言った感じでしょうか?本日はともかく来週には戻す局面があると思いますので、そこを狙っていきたいですね。
ポジション
(1)EURUSD Sell 1.3960 (S/L 1.3830)

FOMC前の戻しで一部切ってしまったので、もう一度売り直しですね。

« ユーロドルは窓埋めできず、FOMC待ちへ移行。 | トップページ | 【EURJPY】ユーロ売り継続だが売り疲れも、そろそろ調整か? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548899/52810842

この記事へのトラックバック一覧です: QE3期待の剥離からリスクオフへ移行。:

« ユーロドルは窓埋めできず、FOMC待ちへ移行。 | トップページ | 【EURJPY】ユーロ売り継続だが売り疲れも、そろそろ調整か? »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ