2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 【USDJPY】狭いレンジ内での動きに終始だが油断はせずに! | トップページ | ユーロドルは窓埋めできず、FOMC待ちへ移行。 »

2011年9月19日 (月)

ユーロドルの動きに注目だが、荒れた展開は想定しておきたい。

週末のコメントが遅れてしまい申し訳ありませんでした。先ほどアップしましたので、ご覧ください。さて週明けですが2週連続でユーロドルが窓を開けています。先週のレンジ内での動きですので、本当の意味でのGapとは異なると思いますが雰囲気が悪いことに変わりはありません。
[時間足]  [トレンド][エントリー][ストップ]
[USDJPY] Buy       76.50       75.50
[EURUSD]
Sell   
 1.3600     1.3760 
[EURJPY]  Sell    
105.00      106.00
ドル円はレンジ内の動きが継続しており、76円Lowで買い77円Midで売りの形は変わりません。方向感が無いので上記の対応で逆張りか、割り切って手を出さないのどちらかしかありませんね。
ユーロドルは先週末の1.38ドルから窓を開けて、1.37ドルLowまで下げてのスタートとなっています。上方向に進むにしてもこの窓を埋めないとどうにもなりません。逆に1.36ドルを割り込む動きになった場合は買い方の投げが加速すると思いますので、目をつぶって売っておきたいですね。ただしポジションは小さ目にしておきたいと思います。
ユーロ円も同様でじりじり下げてきています。とりあえずは105円Mid-106円を埋めるまでは買うに買えません。とりあえずもう少し様子見ですね。あまりつっこんで売りたくないですので、戻りのタイミングを待ちたいと思います。ただし104円を割り込むと急落する可能性も捨てきれませんので、その場合は売っていきたいですね。

とりあえずはユーロに注目ですね。積極的な買い材料が出てくるとも思えませんので、基本戻り売りですが売り場なく下げることも想定しておきたいですね。

« 【USDJPY】狭いレンジ内での動きに終始だが油断はせずに! | トップページ | ユーロドルは窓埋めできず、FOMC待ちへ移行。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548899/52775889

この記事へのトラックバック一覧です: ユーロドルの動きに注目だが、荒れた展開は想定しておきたい。:

« 【USDJPY】狭いレンジ内での動きに終始だが油断はせずに! | トップページ | ユーロドルは窓埋めできず、FOMC待ちへ移行。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ