2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 【USDJPY】介入と量的緩和拡大も効果は限定的! | トップページ | ドル売りがレンジをブレイクするかどうか? »

2011年8月 8日 (月)

ダウ先物の下げからドル売りからリスク回避へ

ダウ先物が300ドル近い下げを見せていますね。ユーロドルもロンドン時間までは上昇していましたが一転下げになっています。この後もリスク回避から乱高下しそうですので注意しておきたいですね。
[時間足]  [トレンド][エントリー][ストップ]
[USDJPY] SQ         77.50       79.00
[EURUSD]
Sell 
   1.4260     1.4430 
[EURJPY]  SQ
      110.50   114.00
ドル円は77円Midまで下げていますがそろそろMACDが反転しそうな動きになっています。リスク回避が進むのなら、どこかで巻き返しが入ると思いますので、そこまで様子を見ておきたいですね。現状78円Lowにレジスタンスがありますので、そこを上抜けれるかがポイントになりそうです。
ユーロドルは1.44ドルまで上昇もそこから反落し1.41ドル台まで下げてきています。リスク回避で今までのユーロ買いの反転が起こっていると思います。ただし流動性が低下していますので、再反転も早いと思いますので回転を利かせてのトレードを心掛けておきたいですね。現状1.42ドルMidにレジスタンスが出来始めていますので、そこを目途に戻り売りでしょうか?
ユーロ円も111円前後に時間足でのレジスタンスがありますのでそこを目途に戻り売りでしかけていきたいですね。ユーロ円はドル円の下げもあって売りの形になっていますが、ドル円の反発があるようなら注意が必要かもしれません。

テクニカルでの動きを見ていますがTボンドの格下げで、相場の流動性が低下しているように思います。テクニカルを無視したラフな動きになる可能性も十分あると思いますので、利食い・損切は早めにしたいと思います。

« 【USDJPY】介入と量的緩和拡大も効果は限定的! | トップページ | ドル売りがレンジをブレイクするかどうか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548899/52427170

この記事へのトラックバック一覧です: ダウ先物の下げからドル売りからリスク回避へ:

« 【USDJPY】介入と量的緩和拡大も効果は限定的! | トップページ | ドル売りがレンジをブレイクするかどうか? »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ