2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 【EURUSD】フラッグ内を上昇だが、日足レジスタンスラインに抑えられる。 | トップページ | ドル売りでスタートだが動き自体は限定的! »

2011年7月24日 (日)

【USDJPY】米国債務問題のリスク回避に注意。

ドル円はじりじり下げてきており、80円にも戻らないくらいの低空飛行となっています。95年の円高時はここから急落しましたので、安易な買いは注意したいです。
    [サポート][レジスタンス][トレンド]
[日足] 76.30   82.20     
ベア

[週足] 75.80   82.20     ベア
ドル円はじりじり下げてきています。ココから下離れる気配を見せていますが、一番の問題は米国の債務問題でしょう。これのリミットが8/2と言われていますが、手続き上のリミットは今週末でした。そういった意味で来週は荒れた展開となることが十分予想されます。リスク回避、ドル売りの双方からドル円は下げ方向しかありえません。安易な買いは差し控えるべきだと思います。一方で下げているもののトレンド事態は弱いですね。ドル売りになるのは明らかですので、本格的な下げの前に振り落としの急騰がありえます。そこまで待つか、80円が割れた状況で売っていくのかが難しいところです。急騰の場合の目途は81円Low-82円Lowが一つの目途になるかと思います。そこでの動きに注視して戻り売りに入りたいですね。

米国債務の大統領と下院との交渉決裂がニュースで上がっています。週明けのウエリントンから急降下することも考えておきたいですね。米国債務でデフォルトになることはありえませんが、そのネタで相場が動くことは十分ありえます。流動性に影響が出るなら、LIBORやVIX指数に反応が出ると思いますので、株価と合わせてチェックしておきたいですね。

« 【EURUSD】フラッグ内を上昇だが、日足レジスタンスラインに抑えられる。 | トップページ | ドル売りでスタートだが動き自体は限定的! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548899/52289867

この記事へのトラックバック一覧です: 【USDJPY】米国債務問題のリスク回避に注意。:

« 【EURUSD】フラッグ内を上昇だが、日足レジスタンスラインに抑えられる。 | トップページ | ドル売りでスタートだが動き自体は限定的! »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ