2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 一時的にドル売りの反動が出やすい状況だがどこで止まるか? | トップページ | 【EURJPY】ドル円の下落からのユーロドルの買戻しに注意! »

2011年7月29日 (金)

GDP発表でドル買いからドル売りへシフトだが!

GDPがよくなかったことでドル売りの流れになっていますね。直前のドル買いからの切り返しですが、上昇は一時的と見ています。
[時間足]  [トレンド][エントリー][ストップ]
[USDJPY] Sell        78.50       80.20
[EURUSD]
Buy 
    1.4350     1.4250 
[EURJPY]  Buy
      112.50    111.50
ドル円はドル円売り一辺倒です。リスク回避のドル売りが続いています。そろそろ77円を切りそうな勢いですね。ただし売り一辺倒になっていますので、米国債務問題にケリが着けば買戻し優勢になりそうです。ここから売るのは躊躇しますね。
ユーロドルもリスク回避の売りが続いていましたが、GDP発表直後からドル売りになっていますね。このドル売りはいつまで続くかわかりませんが、1.44ドルに乗せてくるまでは戻り売り優先です。ただし来週明けてからの動きは米国債務問題しだいになるとは思いますのであまり深追いは禁物です。1.43ドルMidからはもドル売り、1.44ドル乗せでひっくり返す感じでしょうか?
ユーロ円はドル円の売りに押されており、下方向に向かっています。111円Lowにレジスタンスがあり、これに押されていますね。最終レジスタンスラインは112円Lowに位置しており、ココを越えるまでは反発は限定的と見ています。来週は荒れそうですので、あまり無理はしないでおきたいですね。

週末に米国債務問題に進展があると思います。なければ無いで来週急落しますので、あまり手を出したくないですね。

« 一時的にドル売りの反動が出やすい状況だがどこで止まるか? | トップページ | 【EURJPY】ドル円の下落からのユーロドルの買戻しに注意! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548899/52341051

この記事へのトラックバック一覧です: GDP発表でドル買いからドル売りへシフトだが!:

« 一時的にドル売りの反動が出やすい状況だがどこで止まるか? | トップページ | 【EURJPY】ドル円の下落からのユーロドルの買戻しに注意! »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ