2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« ドル高方向へ下押ししたが続落せず反転気味。 | トップページ | 米国GDP待ちで、ポジション調整中! »

2010年10月28日 (木)

ドル売り継続も日足的な調整を視野に入れての対応。

ユーロドルの反転を受けてドル円も下落足ています。日足のサポート・レジスタンスに阻まれた形となりましたので、今度は突き抜けるかどうかですね。特にユーロドルは昨日の安値がポイントになりますので、上値が重いと厳しいと見ています。
[時間足]  [トレンド][エントリー][ストップ]
[USDJPY] SELL   81.20       83.20
[EURUSD]
BUY     1.3840      1.3700   
[EURJPY]
  SELL    113.00     114.00
ドル円は81円Midでもみ合ったものの、そこから下離れています。日足のレジスタンスに阻まれた形となっていますが、ココから再度下値を模索できるかどうかが重要になりますね。下にはもちろん史上最高値が待ち構えていますので、そこからの下落は激しくなると思います。一方で上値は82円が重いことを確認したものの、抜けるとショートスクイズが入ります。82.20で止まっているうちは良いですが抜けると逆回転も激しいでしょうから安易な戻り売りは止めておきましょう。
ユーロドルは1.37ドルLowまでの下げから反発しています。1.37ドルを割るとS/Lを叩いていたのでしょうが、守られたことから日足でのベアトレンドを維持しています。ただし、上値が重くなっているのも事実ですし、時間足でのレジスタンスが位置する1.39ドルLowや1.40ドルMid-Highは止まりやすいので注意ですね。1.41ドルを抜けて初めて、再上昇の目が出てきます。
ユーロ円は下抜けしきれずに反転気味ですね。日足的には上値がじりじり下げてきており、ちょっと嫌な形です。113円に時間足のレジスタンスが位置しており、ココから上で引き付けてからショートエントリーを仕掛けたいところです。日足的に上昇に転じるには115円以上での上昇が必要となりますが、ちょっと厳しそうですね。

« ドル高方向へ下押ししたが続落せず反転気味。 | トップページ | 米国GDP待ちで、ポジション調整中! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548899/49872194

この記事へのトラックバック一覧です: ドル売り継続も日足的な調整を視野に入れての対応。:

« ドル高方向へ下押ししたが続落せず反転気味。 | トップページ | 米国GDP待ちで、ポジション調整中! »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ