2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 【USDJPY】引き続き86円に注目しておきたい。 | トップページ | 欧州ストレステストに疑問符からリスク回避へ! »

2010年9月 6日 (月)

米国休場で方向感なく、利食い優勢!

雇用統計後にリスクテイクから上がったドル円、ユーロドルは上昇が止まって利食い優勢の流れとなっています。今日は米国がお休みですので、どちらにしても大きく動くとは思えません。この流れがどこまで継続するか見ておきましょう。
[時間足]  [サポート] [レジスタン ス][トレンド]
[USDJPY]  83.50    85.20     
持合   
[EURUSD]  1.2775  1.2890   
ブル        
[EURJPY]  107.90   110.20   
ブル 
ドル円は雇用統計後に時間足のレジスタンスを上抜けたものの、ISM発表後は再度そのレジスタンスまで押し下げられており引き続き上値が重い形ですね。ただし、84円を割り込むのか?といえばそこまで下げそうにもありません。再度84.50上抜けるのか83.50を下回るのか見ていきたいと思います。
ユーロドルは時間足のサポートがある1.28ドルHighまでじりじり下げています。ココを割れると再度1.28ドルまで下げることになります。割れなければブルを継続してもう一段上がることになりますので注目しています。1.2930以上にはショートのS/Lと戻り売りが混在していると思いますのでちょっと注意ですね。
ユーロ円はユーロドルよりも早く時間足のサポートを割れており、108円割れまで下げそうな気配です。ただしそこから下は微妙で109円Midがダブルトップ気味になっており、106円Highが割れるとちょっと危ないですね。結構108円割れがサポートされるかどうかが重要になりそうです。
ポジション
(1)EURUSD SELL 1.2800(S/L1.2930)

(2)USDJPY  BUY 85.15(S/L83.50)

« 【USDJPY】引き続き86円に注目しておきたい。 | トップページ | 欧州ストレステストに疑問符からリスク回避へ! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548899/49372548

この記事へのトラックバック一覧です: 米国休場で方向感なく、利食い優勢!:

« 【USDJPY】引き続き86円に注目しておきたい。 | トップページ | 欧州ストレステストに疑問符からリスク回避へ! »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ