2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 雇用統計の悪化を織り込む?ドル売りが継続。 | トップページ | 雇用統計後はリスクテイクにシフト、ドル円・ユーロドル共に上昇。 »

2010年9月 2日 (木)

弱いながらもドル売りが継続中。

ドル円、ユーロドルともに狭いレンジで推移していますね。若干ドル売りが継続していますが、強い動きではありません。明日の雇用統計に向けて、レンジブレイクの動きとなるのか?見守りたいですね。
[時間足]  [サポート] [レジスタン ス][トレンド]
[USDJPY]  83.50    84.60     
持合    
[EURUSD]  1.2760  1.2900   
持合        
[EURJPY]  107.50   108.50   
持合 
ドル円は84円を一旦割り込んだもののすぐ反発しており、下値を割り込んでいません。一方で上値も84円Midを押さえられ動きは見えませんね。ただ日足のレジスタンスが85円Lowまで下げてきており、引き続き86円に乗せるかに注意です。下は安値更新し、83円Lowを割り込むかどうかですね。
ユーロドルは上値が抑えられてはいますが、時間足のサポートがワークしており引き続き堅調です。現在1.27ドルHighまで上げてきたこのサポートがワークするなら高値更新すると思いますが、逆なら再度1.26ドルまで下げる可能性が出てきますので、これに注目しておきたいです。ただ雇用統計までは現状のレンジを抜け出すことはないと思いますが、どうなるでしょうか?
ユーロ円も基本レンジ内での推移です。ユーロドルの上昇を背景に時間足のサポートが107円Midに位置しており、これが守っていますので弱くはないパターンです。ただし、レンジ上限をブレイクしているわけではありませんので強いトレンドが出ているわけでもありませんので手控えておきたいですね。
ポジション
(1)EURUSD SELL 1.2800(S/L1.2930)

« 雇用統計の悪化を織り込む?ドル売りが継続。 | トップページ | 雇用統計後はリスクテイクにシフト、ドル円・ユーロドル共に上昇。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548899/49327236

この記事へのトラックバック一覧です: 弱いながらもドル売りが継続中。:

« 雇用統計の悪化を織り込む?ドル売りが継続。 | トップページ | 雇用統計後はリスクテイクにシフト、ドル円・ユーロドル共に上昇。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ