2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 雇用統計前にランダムウォークで推移している。 | トップページ | 弱いながらもドル売りが継続中。 »

2010年9月 1日 (水)

雇用統計の悪化を織り込む?ドル売りが継続。

ドル円は84円Midに上値を阻まれて下落しています。ユーロドルも上値を伸ばしており、週末の雇用統計の悪化を織り込む動きとなっていますね。ただし、リスク回避のドル売りではありませんし、悪材料を早めに織り込む動きですのでこの状況がどこまで続くのか?見極める必要があると思います。
[時間足]  [サポート] [レジスタン ス][トレンド]
[USDJPY]  84.00    84.60     
ベア   
[EURUSD]  1.2700  1.2900   
ブル       
[EURJPY]  106.00   108.00   
持合 
ドル円は84円Midにあった時間足のレジスタンスに阻まれたため下落に転じています。今のところは円高傾向が継続していますが、このまま下抜けられるかが肝心ですね。抜けたら売りですが、止められると雇用統計まで今のレンジで継続することになります。あとは雇用統計の内容次第になりますね。当面はエントリー待ちで良いと思います。
ユーロドルはやっと1.28ドルを越えてきており、1.29ドルにある日足のレジスタンスを考えるとそろそろショートエントリーを仕掛けたいところですね。個人的には1.2860-2900ドル前後で止まると見ていますので、MACDを見ながらタイミングを計りたいところです。
ユーロ円は106-108円、広くみれば105.50-109.50円のレンジで推移しています。このレンジを抜ける気配はありませんので、少なくとも雇用統計までは抜けることはないと思います。やるならこのレンジでの逆張りですね。「三角持合離れにつけ」のセオリー通り、離れたらそちらについておきましょう。雇用統計後になるとは思いますが・・・。

« 雇用統計前にランダムウォークで推移している。 | トップページ | 弱いながらもドル売りが継続中。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548899/49318042

この記事へのトラックバック一覧です: 雇用統計の悪化を織り込む?ドル売りが継続。:

« 雇用統計前にランダムウォークで推移している。 | トップページ | 弱いながらもドル売りが継続中。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ