2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 米国休場で方向感なく、利食い優勢! | トップページ | 引き続きリスク回避も一旦下げ止まり。 »

2010年9月 7日 (火)

欧州ストレステストに疑問符からリスク回避へ!

NYが休場であった昨晩はゆったりとした動きでしたが、本日朝からユーロドルが急落しています。昨晩から一転リスク回避の動きとなっていますね。
[時間足]  [サポート] [レジスタン ス][トレンド]
[USDJPY]  83.50    85.20     
持合   
[EURUSD]  1.2600  1.2850    ベア
         
[EURJPY]  106.80   108.20   
ベア  
ドル円は方向性はないのですが、じりじり売られる展開です。リスク回避の動きにつられていますね。もう一度下値を試しそうですので、そこでの動き次第でしょうか?主体的な動きではないのでちょっと仕掛けづらいですね。一旦切って様子見します。
ストレステスト時に一部銀行がソブリン債を過少申告していたとのWSJの報道からユーロドルは急落しています。また夕方の経済指標もいまいちだったことも投げ売りに拍車をかけましたね。1.27ドルHighにあったサポートを割り込んで推移しており、上値が重くなっています。時間足で1.29ドルがより上が抑えられた形になっていますので、前回の下値1.26ドルとの間でのレンジとなりそうです。1.26ドルを割り込むと再度投げが出ますので、買い向かうならS/Lは1.25ドルMidを死守することが前提になります。売りならば1.27ドルhigh-28ドルLowでの戻り売りで1.28ドルMidを抜けるようなら損切で勝負です。
ユーロ円は109円をダブルトップとした場合のネックラインまで下げており、ちょっと危険な香りです。現在の安値を守れれば良いですが、完全に抜けると再度の急落も覚悟する必要がありそうです。 一方上値は時間足的には107円High-108円Lowまでがレジスタンスになっていますので、ココが越えられるか?押さえられるか?に注目しておきたいところです。
ポジション
(1)EURUSD SELL 1.2800(S/L1.2930)

« 米国休場で方向感なく、利食い優勢! | トップページ | 引き続きリスク回避も一旦下げ止まり。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548899/49381858

この記事へのトラックバック一覧です: 欧州ストレステストに疑問符からリスク回避へ!:

« 米国休場で方向感なく、利食い優勢! | トップページ | 引き続きリスク回避も一旦下げ止まり。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ