2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« ドル円は日足でのブルトレンドに変われるか!? | トップページ | 米国GDPがレンジブレイクの材料になるか? »

2010年7月29日 (木)

ドル円下押しもどこまで押せるか!?

ドル円は87円割れまで下げています。このあと時間足でどこまで下押しできるかが注目ですね。
[時間足]  [サポート] [レジスタン ス][トレンド]
[USDJPY]  86.50    88.20 
  持合  
[EURUSD]  1.3000  1.3100  
持合     
[EURJPY]  112.80   114.20 
 持合 
ドル円は結局87円割れまで下げが進行しています。88.20を上抜けなかったことで利食い&ショートが入ったようですね。今度は逆に下値をどこまで攻められるかになります。最低でも86円Midを下抜けないと今度は逆にショートカバーが入りやすくなりますので突っ込んでの売りは控えておきたいですね。ただし、買いは最低でも時間足でのMACDがブルになるまで待ってからのエントリーになります。
ユーロドルは一転1.3050を抜けて1.31ドル手前まで上伸しています。ただし、1.31ドルにタッチしていませんので、買いに入れませんね。戻り売る状況でもありませんが、ちょっと手がでなくなってきました。
ユーロ円はじりじり下げている展開ですね。再度114円が重くなるようなら、再度の下げに備えなくてはいけません。特に時間足のサポートがある113円割れには注意を払いたいところです。日足ではMACDがまだベアなので上値余地はあるとは思いますが、どちらに動くとしても要注意です。
ポジション
(1)USDJPY  BUY 86.85(S/L 85.80)
オーダー
(2)USDJPY  BUY 88.30(S/L 85.80)

« ドル円は日足でのブルトレンドに変われるか!? | トップページ | 米国GDPがレンジブレイクの材料になるか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548899/49007388

この記事へのトラックバック一覧です: ドル円下押しもどこまで押せるか!?:

« ドル円は日足でのブルトレンドに変われるか!? | トップページ | 米国GDPがレンジブレイクの材料になるか? »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ