2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« ドル円下押しもどこまで押せるか!? | トップページ | 【EURJPY】115円を手前に失速、引き続きレンジ内での動き。 »

2010年7月30日 (金)

米国GDPがレンジブレイクの材料になるか?

ドル円は結局86円Lowまで下げての切り返しとなっています。この後の米国GDP次第となってきましたね。
[時間足]  [サポート] [レジスタン ス][トレンド]
[USDJPY]  85.80    88.20 
  持合  
[EURUSD]  1.2960  1.3060  
持合     
[EURJPY]  111.50   113.20 
 持合 
ドル円は87円割れから時間足に沿っての下落となりました。結局86円Lowまで下げてきましたが、年初来安値を更新しただけで終了。現在は反転しており、ココからうまく切り返すことができれば86-88円のレンジになるでしょう。ただしこのあとの米国GDPが悪ければ再度安値更新の可能性もありますので油断できませんが・・・。引き続き85.80と88.20がクリークポイント(要衝点)になります。
ユーロドルは1.30ドルMidにあった時間足サポートを割り込むと1.29ドルHighまで急落しています。そこまではドル買いの流れになっていましたが、そのあとは再度切り返しています。今度は1.30ドルMidにレジスタンスができていますのでここを越えていけるかどうかですね。ユーロ買いの動きには見えませんので、次のアクション待ちですね。
ユーロ円は時間足のサポートを割り込むと112円Lowまで下げました。そのあとは同様に切り返していますが、今度は113円Lowにレジスタンスが出来ていますので、そこでの動向次第ですね。基本的には戻り売りで良さそうだとは思います。ユーロドルの動向を見つつ、タイミングを計りたいと思います。
ポジション
(1)USDJPY  BUY 86.85(S/L 85.80)

オーダー
(2)USDJPY  BUY 88.30(S/L 85.80)

« ドル円下押しもどこまで押せるか!? | トップページ | 【EURJPY】115円を手前に失速、引き続きレンジ内での動き。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548899/49013818

この記事へのトラックバック一覧です: 米国GDPがレンジブレイクの材料になるか?:

« ドル円下押しもどこまで押せるか!? | トップページ | 【EURJPY】115円を手前に失速、引き続きレンジ内での動き。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ