2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« クラッシュ相場の付き合い方・・・。 | トップページ | 【EURUSD】悪材料にしか反応しない状況に、打つ手無し・・・。 »

2010年5月 9日 (日)

【EURJPY】クロス円特有の下ヒゲに注意しての売り場探し。

ユーロ円は久しぶりの大相場になりました。先週125円まで戻してましたが、一転110円までの下落とリーマン以来の急激な下げになりましたね。急激に下げる一方で、乖離率は跳ね上がっており、クロス円特有のオーバーシュートにはまらないように気をつけたいと思います。
       [サポート] [レジス タンス] [トレンド]
[日足]   
115.00    124.20     ベア
[週足]    109.80     124.20    ベア
ユーロ円は110円まで下げた後、114円以下は大きな下ヒゲになっています。ユーロ円に限らず、クロス円ではドルストレートとドル円の掛け算になるため一瞬のオーバーシュートが重なるとこのような大きな下ヒゲを作ることがあります。この下ヒゲが非常に曲者で、何度も下ヒゲを作ることが多いです。一方でトレンド的には下バイアスですので、買っても切らされることが多く、とりにくい状況です。戦術的には上値に引き付けての売りしかありません。狙いの位置まで上がらなければ、あきらめる潔さも必要です。
テクニカル的には118-120円の位置と123-124円の位置の2箇所に壁があるイメージですね。118-120円は以前の安値、およびベア時のレジスタンスが位置しており、123-124円には日足のレジスタンスが位置しています。個人的には123-124円まで待ちたいところですが、現状の相場がパニック相場になっていますのでそこまで戻せるか?疑問ではあります。週明けのMKT動向を見ながら、売る位置を考えたいと思います。
一方値は109-112円が目処と考えています。これより下を一気に攻めるのは個人的には難そうに考えています。パニックを抑えるために口先介入もいろいろあるでしょうから・・・。したがって買戻しは少し早めに考えておきたいですね。もちろん現状では買いは厳禁です。特に週明けは未だ一波乱があると見ておきたいですね。

« クラッシュ相場の付き合い方・・・。 | トップページ | 【EURUSD】悪材料にしか反応しない状況に、打つ手無し・・・。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548899/48314551

この記事へのトラックバック一覧です: 【EURJPY】クロス円特有の下ヒゲに注意しての売り場探し。:

« クラッシュ相場の付き合い方・・・。 | トップページ | 【EURUSD】悪材料にしか反応しない状況に、打つ手無し・・・。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ