2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 【USDJPY】94円に乗せられれば、ブルトレンドに転換!! | トップページ | ユーロドルのギャップアップも更なる上昇にはならず。 »

2010年3月28日 (日)

米国はFF金利利上げが可能なのか?

ひさしぶりにファンダメンタルズについて考察したいと思います。米国FF金利やギリシャ救済など、ファンダメンタルズに影響を与える話もありますので、4月前に総括ですね。

【米国/USD】
ダウ株価の上昇など一時期の悲惨な状況からは脱し始めている。オバマ大統領の保険改革などポジティブな材料も出ており、最悪期は脱したと見ている。ただし、バラ色の未来かというとそうでもなく難問山積している。まず雇用問題だがおそらく失業率は9%後半を維持し続けると思われること、また不動産関連も個人住宅はともかくオフィスなど民間商業関連は下げ止まりを見せていない。日本の失われた10年と同じく貸し渋りをしている状況が続いている。この状況下でFF金利を上げることが有効なのか?バーナンキ議長の手腕が試されることになる。
またまた、政治的にもボルガールールなどの対策が有効に動作しないようなら、オバマ大統領自体の支持率が下がることになる。逆に作用するようなら金融界への影響がどうな るか?難しい判断となるだろう。重ねてアフガン戦費、保険改革費用などをどうやって調達するのか?双子の赤字を抱える米国の悩みは深そうに思える。
ドル安政策は続くと思われるし、米国への投資という面では実際にFF金利が上昇しはじめてから考えるので十分だと思う。経済の本格回復も含め来年以降になるとみている。

【欧州+英国/EUR+GBP】
欧州はギリシャのデフォルト回避だけでも右往左往しており、スペインやイタリア、ポルトガルを助けることは出来ていない。ギリシャにしてもデフォルトが回避されただけで、痛んだバランスシートが回復したわけではなく、引き続き経済危機が尾を引きそうと考えている。通貨ユーロの登場時に懸念された問題点、「異なる国家での意思統一が可能か?」がクローズアップされている。今回のギリシャと独仏とのいさこざを見れば一目瞭然だろう。マーストリヒト条約も形骸化しており、通貨ユーロの潜在的な不安定さが露呈している。また、上記の問題だけでなく欧州、及び英国では金融機関の不良債権が減損されずそのままになっている。ギリシャだけでなく、サブプライム、リーマン、ドバイで失敗した不良債権処理がすすんでおらず、こちらも今後火種になる可能性が高い。
英国についてはギリシャ問題に隠れているが、経済が痛んでいることは間違いなく今後再度クローズアップされるだろう。PIGSに比べればマシかもしれないが、回復に相当掛かるのは間違いない。

【日本/JPY】
相変わらず政治が経済の足を引っ張ており、行き先は不透明なままで推移している。経済自体はデフレ傾向が強いものの、多少回復しておりリスクが低い状態で推移していると思われる。ただし、今年の予算における国債の発行額を考えると、今後不安が残るのも間違いない。このまま発行し続けると国内でファイナンスできなくなる可能性もあり、国債格付けが下げられることも注意しておきたい。また円安頼みだった製造業も円高で利益を削られ、かなり厳しい年となりそうだ。期待は来年以降になりそうだ。大きく経済が下落するとも思えないが、順調に回復していくとも思えない。ただ株価が上昇していくなら経済が活性化することもありえるので、諸外国に比べればリスクが低いことからも需要はあるかんもしれない。

« 【USDJPY】94円に乗せられれば、ブルトレンドに転換!! | トップページ | ユーロドルのギャップアップも更なる上昇にはならず。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548899/47931642

この記事へのトラックバック一覧です: 米国はFF金利利上げが可能なのか?:

« 【USDJPY】94円に乗せられれば、ブルトレンドに転換!! | トップページ | ユーロドルのギャップアップも更なる上昇にはならず。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ