2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 米国はFF金利利上げが可能なのか? | トップページ | 週末の雇用統計に向けた動きが見られるか? »

2010年3月29日 (月)

ユーロドルのギャップアップも更なる上昇にはならず。

週明けからユーロドルはギャップを空けてのスタートも1.35ドルに乗せきれず下げてきていますね。ユーロドルでは珍しいですが、週明けのウェリントンでツッコむとその位置が週の高値安値になるパターンかもしれません。注意しておきたいです。

[時間足]   [サポート] [レジスタンス] [トレンド]
[USDJPY]   91.80     93.00
    持合
[EURUSD]   1.3400    1.3500      ブル
[EURJPY]    124.20     125.20      ブル  

ドル円は93円手前でトレンドレスになっており、上値一服になっています。ただし、まだ下げてきている訳でもないのでしばらく様子見ですね。91.40程度にある最終サポートが上がっていったときにどう動くか?見ての対応になります。
一方でユーロドルは早朝の1.35ドルアタックの後1.34ドルLowまで下げ、その後1.35ドルに乗せて、また下げてきています。現状1.34ドルLowにある時間足サポートがワークしていますので、ブルを維持ですが1.35ドルに明確に乗せれないとだんだん上値が重くなりそうです。上でも述べましたがウェリントンにツッコむと高値になりやすいので中途半端に買いたくないところです。
ユーロ円はブルを維持しており、125円に乗せてきています。ただしドル円が止まっており、ユーロドル次第になりそうですのでユーロドルが1.34ドルを割り込み出したら注意しておきたいですね。日足では既に戻り売りの範囲に入ってますので、そういう意味でも高値つかみにならないように注意するべきだと思います。
ポジション
(1)USDJPY SELL 87.80(S/L 94.20)
(2)USDJPY SELL 86.80(S/L 94.20)
(3)USDJPY SELL 87.45(S/L 94.20)
(4)USDJPY SELL 91.50(S/L 94.20)
(5)USDJPY SELL 93.00(S/L 94.20)
(6)USDJPY SELL 92.40(S/L 94.20)
(7)USDJPY SELL 90.80(S/L 94.20)
(8)USDJPY SELL 90.60(S/L 94.20)

(9)USDJPY SELL 88.80(S/L 94.20)
(10)USDJPY SELL 88.20(S/L 94.20)
(A1)EURUSD SELL 1.3760(S/L 1.3860)
(A2)EURUSD SELL 1.3615(S/L 1.3860)
(A3)EURUSD SELL 1.3570(S/L 1.3860)
(B1)EURJPY SELL 122.30(S/L 125.60)
(B2)EURJPY SELL 123.70(S/L 125.60)

(B3)EURJPY SELL 124.50(S/L 125.60)
(B4)EURJPY SELL 122.80(S/L 125.60)

« 米国はFF金利利上げが可能なのか? | トップページ | 週末の雇用統計に向けた動きが見られるか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548899/47944739

この記事へのトラックバック一覧です: ユーロドルのギャップアップも更なる上昇にはならず。:

« 米国はFF金利利上げが可能なのか? | トップページ | 週末の雇用統計に向けた動きが見られるか? »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ