2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 雇用統計前の調整でユーロドル上伸もドル円は動けず。 | トップページ | 雇用統計前に崩れた相場、雇用統計後も流れが継続するか? »

2010年2月 4日 (木)

ユーロドルは上下動、ドル円は動かず、雇用統計待ち相場へ!

昨日1.40ドルまで上抜けたユーロドルが急落しましたね。雇用統計前のポジション調整の場合、今回のように時間足のチャートを無視するかのように動く場合がよくあります。新規エントリーの動きが減るためにこのような動きになりやすいようです。引っ掛けられないように注意したいですね。

[時間足]   [サポート] [レジスタンス] [トレンド]
[USDJPY]  90.00      91.50    持合
[EURUSD]  1.3800   1.4130   
持合
[EURJPY]   124.00   127.00    持合

ドル円は91円を越え、91.20をキックしましたが踏み上げられず失速しています。昨晩の高値は雇用統計後の動きでこの上を叩けるか?どうかの目安になりますので、ポイントとして覚えておきましょう。今日明日でもう一度90円ジャスト前後までは下げると思いますが、売り込むと踏まれますので基本無視でいきましょう。
ユーロドルは雇用統計前にポジション調整を行い、レンジの上下を確認したようですね。1.38or1.41ドルのどちらを雇用統計後に抜けるのか?これで一つの目安ができたことになります。逆に言えばこのレンジを雇用統計後に抜けないようだと、しばらくはレンジ内でウロウロするかもしれませんが・・・。
ユーロ円も基本的には上下を確認した形です。125-127円が基本の位置になりますね。雇用統計後に127円を上抜けるようなら、一時的には踏み上げる可能性があります。125円を下抜けるなら、下ヒゲに注意しながらの売り掛け勝負です。

さて明日の雇用統計は+1.3万人予想です。-5~+9.9万人なら想定内、+10万人以上でポジティブサプライズ、-5万人未満ならダウ急落+ドル売りになると見ています。どうなるかは神様とオバマとバーナンキしかわかりませんので、あせらず明日の発表を待ちましょう。

ポジション
(1)USDJPY SELL 87.80(S/L 94.20)
(2)USDJPY SELL 86.80(S/L 94.20)
(3)USDJPY SELL 87.45(S/L 94.20)
(4)USDJPY SELL 91.50(S/L 94.20)
(5)USDJPY SELL 93.00(S/L 94.20)
(6)USDJPY SELL 92.40(S/L 94.20)
(7)USDJPY SELL 90.80(S/L 94.20)
(8)USDJPY SELL 90.60(S/L 94.20)

« 雇用統計前の調整でユーロドル上伸もドル円は動けず。 | トップページ | 雇用統計前に崩れた相場、雇用統計後も流れが継続するか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548899/47479128

この記事へのトラックバック一覧です: ユーロドルは上下動、ドル円は動かず、雇用統計待ち相場へ!:

« 雇用統計前の調整でユーロドル上伸もドル円は動けず。 | トップページ | 雇用統計前に崩れた相場、雇用統計後も流れが継続するか? »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ