2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 【EURJPY】120円からどこまで切り返せるか? | トップページ | 【USDJPY】トレンド不変、上値は限定されたまま。 »

2010年2月 7日 (日)

【EURUSD】ソブリンリスクが相場をどちらに動かすのか?

G7ではギリシャなポルトガルなどいわゆるPIGSと呼ばれるユーロ圏のソブリンリスク高の国についての議論がありました。この結果について、市場がどう受け止めるのか?週明けの動きに注目したいところです。

       [サポート] [レジスタンス] [トレンド]
[日足]       -       1.4200    ベア
[週足]     -       1.4430    ベア

ユーロドルは先週の予想に反して、1.35ドル台まで下押ししました。もう一段落ちるかな?と思っていたのですが、雇用統計前にあっさり下抜けたのは想定外でした。乖離率等を考えると、そろそろ一旦下げ止まっても良いと思うのですがG7でのコメントをマーケットがどう受け止めるかにより、上下どちらにも振れそうですので注意したいですね。
テクニカル的には日足の短期線が1.41ドルMidにあり、これがレジスタンスになります。日足的には下値にはサポートがありませんので、まだ下げ止まった感じはありませんが、日足の乖離率が下値に張り付いていますので、戻しても良さそうに見えますが・・・。
週足では一目の雲下限が1.35ドルHighに位置しており、これが支える可能性があります。ただし、それでも1.39ドルLowにはレジスタンスがあります。
総じて今の位置は行き過ぎだが、戻すかどうかは微妙です。戻したとして1.39ドルから上は重くなりやすい位置ということになります。とりあえず週明けにどちらに動き出すのか?見てから戦術を組み立てたいと思います。

« 【EURJPY】120円からどこまで切り返せるか? | トップページ | 【USDJPY】トレンド不変、上値は限定されたまま。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548899/47502981

この記事へのトラックバック一覧です: 【EURUSD】ソブリンリスクが相場をどちらに動かすのか?:

« 【EURJPY】120円からどこまで切り返せるか? | トップページ | 【USDJPY】トレンド不変、上値は限定されたまま。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ