2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 【EURJPY】深い追いせず、戻りを叩いていく。 | トップページ | 【USDJPY】92円を維持できるのか? »

2010年1月10日 (日)

【EURUSD】1.42-1.45ドルのブレイク待ちだが、上値は重そう。

1.51ドルから下落して1.42-1.45ドルのレンジで持合っている。なにも考えずチャートのみで見ると1.45ドルが壁になっており、上値が重い配置なのだが・・・。



       [サポート] [レジスタンス] [トレンド]

[日足]   1.4130    1.4530    持合

[週足]   1.4130    1.5200    持合orベア




雇用統計前後も結局1.42-1.45ドルのレンジに終始した形となっている。日足で見た場合、短期線が1.44ドルLow長期線が1.42ドルMidに位置しておりコレに挟まれた形となっている。雇用統計が悪かったものの、かといってユーロを買うといった雰囲気になるとも思えず判断の難しいトレンドに見える。

下には1.40ドルMidに週足の一目雲上限が位置しており、これが一時的には支えそう。他方でこの雲上限が1.36ドルLowに位置する雲下限と1月末にクロスすることから来週以降チャート的には下方向にバイアスが掛かる。このためテクニカル的には下方向へのリスクが高そうだ。一方でファンダメンタルズからはドル売りになるため、上方向へのリスクが高い。乱高下するのか?レンジに終始するのか?予断を許さない週になりそうだ。

ただし、下方向へ動いた場合はチャートが崩れるのでロングを持っている場合は注意しておきたい。

« 【EURJPY】深い追いせず、戻りを叩いていく。 | トップページ | 【USDJPY】92円を維持できるのか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【EURJPY】深い追いせず、戻りを叩いていく。 | トップページ | 【USDJPY】92円を維持できるのか? »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ