2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« ドル円は若干安値更新、リスク回避優勢か!? | トップページ | 【EURUSD】再び200日線をサポートにできるか? »

2010年1月17日 (日)

【EURJPY】129円割れの判断をどうするのか?

134円まで戻したユーロ円も金曜日には失速し、130円割れ手前まで下げています。135円まで戻せなくなっているように見えますので、注意したいですね。



       [サポート] [レジスタンス] [トレンド]

[日足]   129.00    135.20    持合

[週足]   124.00    139.00   持合orベア




ユーロドルの上昇で134.50を一旦抜けるのか?と思っていたのだが、結局タッチできず下げてしまっている。日足チャートでは129-135円、及び129-139円のレンジに見えており、再度129円を目指す展開になりそうだ。

テクニカルでは日足ベースでは有効なポイントは無く、週足では一目の雲下限が129円Midに位置しているのみであることから、終値でコレを下抜けるのを待ちたい。あまり飛びつくと下ヒゲで跳ね上げられると思うので注意して対応したいところだ。(少なくとも一旦は129円前後で戻しが入ると思う)

問題はその後で、129円以下は下ヒゲになることが多い。そのため129円を割り込んだ場合の判断をどうするのか?が問題になる。ドル円やユーロドルの下げからを見て対応せざるを得ないが、あまりツッコンでの売りは控えて、132-133円の戻しを待つほうが安全に見えるのだが・・・。

« ドル円は若干安値更新、リスク回避優勢か!? | トップページ | 【EURUSD】再び200日線をサポートにできるか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ドル円は若干安値更新、リスク回避優勢か!? | トップページ | 【EURUSD】再び200日線をサポートにできるか? »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ