2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 方向性は見えずまま推移中・・。 | トップページ | 質への逃避(Fly to Quality) »

2009年11月 3日 (火)

ユーロドル急落が運命の分岐点になりそう。

豪州の利上げが0.25%であったことで「噂で買って、真実で売れ!」の法則どおり投げが始まり、それがユーロまで波及しています。ユーロドルはレンジをブレイクして、下値を更新しており危険水域に入ってきました。このまま下げるようなら、急落モードに入る可能性が出てきます。このあとの動きに注意したいですね。



[時間足]   [サポート] [レジスタンス] [トレンド]

[USDJPY]  88.80    91.00     ベア

[EURUSD]  1.4560  1.4830     ベア

[EURJPY]  130.80   134.60     ベア




ドル円、ユーロドル、ユーロ円すべてが時間足でベアトレンドになっており、いまだ買いでは手を出せません。テクニカルで見た場合、ドル円は安値下の88.80を割ると次は87.11しかサポートがありません。なんとか89円台を維持したいところですが、下抜けると87.11はワークしないと思いますので89円割れは売りスタートと見ておきたいですね。ユーロ円も同様に131円を割れると129円まで止めることのできる位置が無い状態です。とくにユーロ円が下げる場合、ユーロドルは投げが始まっていると思いますので、中途半端に買うのは危険だと思います。

そのユーロドルですが1.4660ドルを下抜けたことで時間足、日足ともに下方ブレイクとなっています。あとは週足でのサポートである1.4600ドル前後で止まるかどうかですが、あまり期待できませんね。石油も80ドルに定着できてませんし、VIX指数が上がっている状況では「質への逃避」が起こりますのでユーロ売りに拍車がかかると思います。注意しておきたいですね。



ポジション

(1)EURUSD SELL 1.4665 (1.4830)

« 方向性は見えずまま推移中・・。 | トップページ | 質への逃避(Fly to Quality) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 方向性は見えずまま推移中・・。 | トップページ | 質への逃避(Fly to Quality) »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ