2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« ドル円は下値模索、ユーロドルは高値圏へ・・・。 | トップページ | 対雇用統計戦術! »

2009年10月 1日 (木)

想定外に弱いユーロドルが波乱要素になる!?

ドル円は上値を時間足の長期線に押さえられたまま推移しており、軟調なままです。一方、ユーロドルは「ユーロ高を協議する」との高官発言で急落、1.46ドルを割り込むとS/Lを巻き込んで急落していますね。ユーロ円は間に挟まれ持ち合ったまま、推移しています。



[通貨]   [サポート] [レジスタンス] [トレンド]

USDJPY  87.60     90.20     持合

EURUSD  1.4500   1.4700     ベア

EURJPY  130.50    132.00     持合




ドル円は時間足のレジスタンスに抑えられつつ下げており、このあとの指標やダウで大きく動くことは無いと思います。雇用統計前に91円まではいきそうにないですね。下げたら買っても良いですが、そうでないなら雇用統計までスルーしましょう。ユーロドルは下げ基調になっており、この間の安値1.45ドルを守れるか?どうかにかかりそうです。明確に下抜けた場合は、雇用統計前に相場が動き出す可能性もありますので、気をつけておきましょう。ユーロ円はレンジ下限を試しそうな感じです。130.50をキープできるか?どうかに注目ですが、130円まではオーバーシュートと見ておきたいですね。また、雇用統計前に手を出さないほうがよさそうです。



トータルとして今日はよほどのことがないと手出ししないほうが無難な感じですね。株式相場は崩れてきておりドル売りに行きたいところですが、雇用統計後の値動きがドル買いに走る可能性がありますので、今日は我慢の子です。

« ドル円は下値模索、ユーロドルは高値圏へ・・・。 | トップページ | 対雇用統計戦術! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ドル円は下値模索、ユーロドルは高値圏へ・・・。 | トップページ | 対雇用統計戦術! »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ