2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 92.20クリアでどこまで伸びる? | トップページ | ヘッジファンドの損失でユーロドルが重要ポイントへ! »

2009年10月27日 (火)

ユーロ円の下落が続くなら、ドル円もつれ安になりそう。

ユーロ円は時間足でのサポートで止められていますが、これを割り込むようならドル円にも波及する可能性がでてきますので注意したいですね。ユーロドルは高値から一段下げましたが、日足を見るともう一段下げてもおかしくないのでもう少し待ちたいところです。



[時間足]  [サポート] [レジスタンス] [トレンド]

[USDJPY]  91.50    92.50     持合

[EURUSD] 1.4860    1.4960     ベアor持合

[EURJPY] 136.50    137.50     ベアor持合




ドル円に関して言えば、上値は92.50を越えれるなら目先のショートスクイズを叩くので93円をあっさりクリアしそうな気はします。ただし、92.20-50までに利食い売り、戻り売り、実需売りが集中してきてますので材料無しでは厳しいかな?ただし、ショートを仕掛ける位置ではないので戻り売りはまだ早いです。もう少し辛抱したいですね。一方でユーロ円は時間足のサポートできっちり支えられています。ただし、サポートに張り付いており、上下どちらに動くかはフィフティフィフティですね。下抜けると急落し135円ジャストまでは下げる確率が高いので注意したいですね。こちらは買うにはちょっと早いです。137.50を上抜けるか?136円Midをしっかり守ることを確認してからの、ロングでいきたいですね。

ユーロドルは一旦サポートを下抜けての動きとなっています。こちらは日足のサポートが1.4660-1.4700程度に位置していますので、そこまでは下げる可能性があります。そうしてみると1.4700-1.5000ドルのちょうど中間地点で止められた形となっており、買うにしろ売るにしろ中途半端な位置であることがわかります。買うのなら1.4700ドル近辺まで落ちるのを待ってからにしたいので、現状ではスルーして、下がったところを買うか?きっちり反転してからの買いで十分だと思いますね。もう一押しの下げを待って仕掛けましょう。



ポジション

(1)USDJPY BUY 88.30(S/L 91.50)

(2)USDJPY BUY 88.75(S/L 91.50)

(3)USDJPY BUY 89.20(S/L 91.50)

(4)USDJPY BUY 89.30(S/L 91.50)


オペレーションとしてはドル円に関しては92.20で一旦利食いしておきたい局面です。チャート上ではもう少し上げ余地はあるのですが、中長期では下げている最中ですのでいつ買い気がなくなるかわかりません。下値ではS/Lを91.50において、ココを抜けたら一旦切っておきたいです。一応90円台で止まるとは思いますが、過信は禁物なので・・・。

« 92.20クリアでどこまで伸びる? | トップページ | ヘッジファンドの損失でユーロドルが重要ポイントへ! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 92.20クリアでどこまで伸びる? | トップページ | ヘッジファンドの損失でユーロドルが重要ポイントへ! »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ