2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 衆院選は影響なしも、雇用統計前おなじみの下落 | トップページ | 相場のセンチメントが変化しているので注意。 »

2009年9月 1日 (火)

雇用統計前のS/L狙いに注意。

雇用統計前にS/Lをつけようという動きがユーロドルに出ていますね。上値を叩きにいきましたが、1.44ドルを点けれずにフェイルしています。一旦サポートまで下げていますが、再度上げてのアタックが成るのか?注目です。



【時間足】

通貨ペア  サポート  レジスタンス  トレンド

USDJPY   93.00    93.80      持合

EURUSD   1.42&1.43  1.4400      持合

EURJPY   133.20   134.00      持合




ドル円は93円台をキープできるようなら大きく崩れなさそうですが、93円をレジスタンスにするようなら水曜日以降下押しする可能性がでてきます。特に持合になっているユーロ円の動向に注意しておきたいですね。レンジブレイクするようなら、ドル円も釣られる確率が高まると見ています。ユーロドルは1.42-44ドルのレンジブレイクは難しそうですが、万一抜けたらついていきたいですね。どちらにしても明日以降はポジション調整が主体になるでしょうから、レンジブレイクしない限り新規ポジションは控えておきましょう。



ポジション

(1)USDJPY SELL 93.80(S/L93.70)

« 衆院選は影響なしも、雇用統計前おなじみの下落 | トップページ | 相場のセンチメントが変化しているので注意。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 衆院選は影響なしも、雇用統計前おなじみの下落 | トップページ | 相場のセンチメントが変化しているので注意。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ