2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 今朝の下げをヒゲにできるか? | トップページ | ドル円は下値模索、ユーロドルは高値圏へ・・・。 »

2009年9月29日 (火)

雇用統計前にもう一度下値を試すか?

ドル円は90円まで戻したものの、定着できてはいません。時間足では上値を切り下げているものの下値も時間足サポートがワークしっかりしています。一方、ユーロドルは軟調なまま推移していますね。happy01じりじり上値を切り下げて下げており、ちょっと厳しい形に見えます。雇用統計前にもう一段下げて1.44ドルまでは調整が入るのかもしれません・・・。

【時間足】

[通貨]   [サポート] [レジスタンス] [トレンド]

USDJPY  87.80      90.60    ブル

EURUSD   -       1.4700    ベア

EURJPY  129.60     133.20    ベア




ドル円は弱いサポートが89.60に位置しており、現状これがワークしています。ただし、雇用統計前にもう一度下値を試す可能性が残っていますので、これを頼りに買うのは控えておきたいですね。88円Midより下があれば買い検討しますが、そうでないなら手を出さずにおきたいです。他方、ユーロ円は130.80の弱い時間足サポート上をうろうろしており、頼りない動きを見せています。MACDも反転しており、もう一度下値模索になりそうです。ユーロ円が再度上昇基調に戻れば、ドル円もレジスタンスまで戻すと思いますが、下値模索になるならドル円も連れ安になるでしょうから、明日のNY終わりまでが正念場になりそうです。

ユーロドルは時間足でのべアトレンドが継続していますが、日足のサポートライン1.44ドルMidが近づいてきており、そろそろ止まってもよさそうです。ただし、まだ下げ余地がありますのでもう一段の下げは想定しておきたいのですね。



雇用統計の週は週初めの動きが水曜日まで継続することが多いですし、その後はポジション調整が主体になりますのであまり意味を持った動きになることは無いと思います。現在位置で仕掛けたところで雇用統計前に値幅が取れませんし、無理をせずにおきたいですね。

« 今朝の下げをヒゲにできるか? | トップページ | ドル円は下値模索、ユーロドルは高値圏へ・・・。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今朝の下げをヒゲにできるか? | トップページ | ドル円は下値模索、ユーロドルは高値圏へ・・・。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ