2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« ドル円は上抜けだが・・・、どこまで? | トップページ | 雇用統計良好でドル買いが進む・・・。 »

2009年8月 7日 (金)

雇用統計前にチャートポイントを整理。

ドル円を始め、雇用統計前のポジション調整を終え、指標待ちの状態に入っています。ココでチャートポイントを整理して、発表に備えましょう。

まずはドル円ですが時間足ベースでは95.10-30に短期線、中期線、長期線が位置しており方向性はなくなっています。日足ベースでは上値は限定されそうですが、96.20を越えるようなら一旦ショートは撤退します。その場合は再度来週以降に戻り売りといきたいですね。下値は94.80に日足のサポートラインが走っていますので、ココが切れると続落する可能性が高まります。ただし、実際は94.40-60で揉み合うと思いますので、ソコを抜けてからショートなら追撃でしょう。逆に逆張りロングはそこがサポートされるのを確認してから仕掛けたいですね。

ユーロドルは時間足でのサポートが1.43ドルLowまで上昇しています。ロングのS/Lは1.42ドルMidあたりにセットしておき、下抜けするようなら日足のサポートである1.41ドルMidで仕切りなおしでしょうか?上値は1.44ドルMidを抜けたら一旦買い追撃ですが、1.45ドル近辺でもたつくようなら無理はせずにおきたいですね。1.45ドルは抜けると再度追撃買いです。眼を瞑っていきましょう。ショートは1.44ドルMidで止まったのを確認しての仕掛けになりますが、かなりリスキーです。下では1.42ドルMidをブレイクしたら、追撃売りですが1.41ドルMidでの買い戻し優先で対処しましょう。

ユーロ円はドル円の値動き次第とみておきたいですね。総ドル高、総ドル安では136-138円のレンジをブレイクするのは難しいと思いますので、その場合は手出し無用としておきたいです。ユーロドル上げでもドル円が下げない場合、ユーロドルが動かずドル円が下げる場合のみ売り買いのチャンスがありそうです。その場合のみ仕掛けましょう。でも基本レンジと見てむりはしないように・・・!

ポジション

(1)USDJPY SELL 95.40 (S/L96.20)

(2)USDJPY SELL 94.80 (S/L96.20)

(3)EURUSD BUY 1.4130(S/L1.4260)

(4)EURUSD BUY 1.4175(S/L1.4260)

(5)EURUSD BUY 1.4344(S/L1.4260)

(6)EURUSD BUY 1.4400(S/L1.4260)


オーダー

(7)USDJPY SELL 94.20 (S/L96.20)

(8)EURUSD BUY 1.4460(S/L1.4260)






« ドル円は上抜けだが・・・、どこまで? | トップページ | 雇用統計良好でドル買いが進む・・・。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ドル円は上抜けだが・・・、どこまで? | トップページ | 雇用統計良好でドル買いが進む・・・。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ