2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« ドル円は下にも上にも行けず・・・。 | トップページ | 上海株急落も動意薄し・・・。 »

2009年8月18日 (火)

ドル円は94円Midのサポートで維持できるか?

ドル円は本日の指標発表直後に売りにさらされて時間足のサポート94円Midまで叩き落されました。ただし、現状サポートを維持していますので、この後の動きに注目していきましょう。

ドル円のテクニカルですが、上で述べたように時間足でのサポートが94円Midに位置しており、現状コレを維持しています。このまま維持できるようならレジスタンスである95円Midへのアタックが考えられます。逆に下値を切るようなら94円ジャストを維持できるかが注目ですね。ココを割り込むと時間足的には下落トレンドに突入になり、ちょっと嫌な感じになりますので注意です。

ユーロドルは逆にサポートである1.41ドルを割り込んでいます。この下抜けが一時的なものなのか?それともトレンド変換なのか?よく見極めてから動き出したいですね。もし下抜けなら今度は1.41ドルがレジスタンスとしてワークするので、その動きに注目です。下は1.40ドルを下抜けるなら一旦ショートを持っても良い気がします。ただし、ゆり戻しがあるでしょうからポジションを小さくするか、利食い早めにいきたいですね。逆に上は1.41ドルHighにレジスタンスが位置していますので、これを上抜けれるようなら、上伸の目がでてくると思われます。

ユーロ円はユーロドルと同様にサポートを現状割り込んでいます。サポートが133円Midに位置していたのを割り込んでいますが、オーバーシュートなのか?本当に下げているのか?わからないので、手を出したくない状況です。ユーロドルと同じく133円Midがレジスタンスに変わるようならショートしても良いのですが、クロス円だけにちょっと手を出しづらいです。132円を割り込むならショートですが、そんなに下げるとも思えず・・・。上には135円Midにレジスタンスがありますので、そこを上抜けるならユーロドル同様上伸できるかのもしれません。



まずはこの後のドル円の動きに注目しておきたいですね。昨日に引き続きダウが下げるようなら、ドル円・ユーロドル共にリスク回避で下値模索となる可能性が高いです。

« ドル円は下にも上にも行けず・・・。 | トップページ | 上海株急落も動意薄し・・・。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ドル円は下にも上にも行けず・・・。 | トップページ | 上海株急落も動意薄し・・・。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ