2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 【EURUSD】中長期のレジスタンスと短期のサポートのブレイク勝負。 | トップページ | ユーロドルのブルトレンドがドル円にどう影響するか? »

2009年7月26日 (日)

【USDJPY】ベアトレンド成立せず、再びレジスタンスを目指す?

ドル円は日足での短期線を越え、95円Midまで上伸しました。安値(5/22の93.85)を下にブレイクした後に、短期線を明確に越えることは通常ベアトレンドではありません。非常に難しい局面であることは間違いなく、戦略・戦術の見直しをおこないました。

テクニカル的には4/6の101.45からのレジスタンスラインが97円ジャスト近辺にあり、また5/22の安値からのサポートラインだったものが96円直下にあり、この二つがまずレジスタンスとして意識されると思います。まずはココを背にショートポジションを取ることがセオリーであります。ただし、今までの移動平均・MACDをメインにしたトレンドフォロータイプの戦術から、ボリンジャーバンドを用いた逆張り戦術へ変更をして相場に臨みたいと思います。おそらく87.11の安値を更新するまではトレンドフォローではワークしづらい局面が続くと想定され、それまでは逆張りでのショートポジション構築が有効と判断しました。ただ、逆張りはリスクが高いので、慎重にエントリーを行って中長期ポジションを構築していきたいです。

« 【EURUSD】中長期のレジスタンスと短期のサポートのブレイク勝負。 | トップページ | ユーロドルのブルトレンドがドル円にどう影響するか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【EURUSD】中長期のレジスタンスと短期のサポートのブレイク勝負。 | トップページ | ユーロドルのブルトレンドがドル円にどう影響するか? »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ