2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 【EURUSD】一目の雲の中でもみ合いが続く見込み。 | トップページ | ドル円は目先底値を確認した形、ショートスクイズに注意。 »

2009年7月12日 (日)

【USDJPY】下限割り込み、三度ドル安へ

今週のドル円はテクニカル主導のドル売りに抗し切れず、水曜夜に突然の下落となりました。今まで下値を支えていた93円Mid-Highを下抜けたことでチャート上は三度目の下落がスタートした形になっています。週足では昨年の'07-6/22の124.12、'08-8/5の110.65、そして'09-4/6の101.45を高値とする下落波動の中にあり、中長期的には87.11を下抜ける方向に動くと思われます。そのほかにも一目の雲上限95円Mid、一目短期雲下限93円Lowなどが目先のレジスタンスとなりそうです。一方で、日足でみると4/6の101.45と5/22の93.85で三角持合を形成しており、これを下抜けた形になっています。日足の短期線、および200日線が95.60前後に位置しており、日足ベースでは今後はこれが強力なレジスタンスを形成すると見られます。一方で、売られ過ぎシグナルが点灯していることから、急落するにはなんらかの材料が必要なのではないでしょうか?

総合してみると、ドル円は93円Low、High及び95円Midにレジスタンスを持ちながらも、下値は91円台がしばらく維持される下値持合をしばらく継続すると思われます。ただし、今までサポートであった93円Mid-Highはかなり重いと見られますし、実際実需の売りなどが集中し始めています。来週の戦術として、基本は93円Midでの戻り売りとし、92円Mid以下でのツッコミ売りはさけておきたいですね。91円Midを下抜けた場合はクロス円主体の下げがありえますので、一応急落に備えておくというスタンスで臨みたいと思います。

« 【EURUSD】一目の雲の中でもみ合いが続く見込み。 | トップページ | ドル円は目先底値を確認した形、ショートスクイズに注意。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【EURUSD】一目の雲の中でもみ合いが続く見込み。 | トップページ | ドル円は目先底値を確認した形、ショートスクイズに注意。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ