2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« ユーロドル急騰も時間足で捕まりそう! | トップページ | ドル円は底抜け、レートが飛んでいるので注意。 »

2009年7月 8日 (水)

ドル円は目先底入れしそう、ユーロドルはトレンドレス!?

ドル円は日経の下げもあり、94円Lowまで下落しました。反発は未だ弱いものの、96円から下落していること、93円Highが過去2回底割れを防いでいることから一旦は底としてワークするのではないかと考えています。ただし、今までと違うのはユーロ円が底値を割り込んでいることが上げられます。今まで買いを支えてきたクロス円が、逆にドル円の投げを誘う形になりかねませんので、ロングを持つのはもう少し待ってからの方が良いと思われます。



テクニカル的にはドル円は時間足でのベアトレンドを継続しているものの、MACDが反転しかけておりそろそろ一旦底をつけそう。ただし、日足を考えると一旦は94円割れを試しに行く可能性も少なくないので、その動きを確認してから動きたい。その場合は93.40-80は底値拾いが良いが、93.40割れはドテンすることが必要になる。上値は時間足で94円Highと95円Midにレジスタンスが位置しており、95円に乗せられないと再度下落の可能性が出てくる。クロス円を見ながらだが、94.80-95.00までは戻り売りで攻めていきたい。

ユーロドルは時間足でまったくのトレンドレスになっている昨日抑えられたレジスタンスが1.40ドルジャストまで降りてきており、戻り売りで攻めるならココから上で売りかけて昨晩の高値を越えた1.41ドルでS/Lとしたい。下値はおおきなチャートポイントは無いが、一応1.38ドルLowに弱いサポートがある。ただし、ここまで落ちた場合S/Lを巻き込んでいるので、ロングは禁物となる。あくまで利食いの目安と考えておきたい。

ユーロ円は完全に底割れしているが、時間足で目先売られすぎている。そのため、時間足のレジスタンスである132円Lowまでは戻すと見ておきたい。さらに上のレジスタンスは134円越えにあるのはあるが、ココまではちょっと遠いだろう。したがって、132円Mid-133円Lowまでの戻りは想定しつつも、ドル円とユーロドルを見ながらのトレードとなる。底割れしているため、あくまで売りのみで勝負したい。



昨晩はユーロドルの絶好の売り場をスルーしてしまったが、ユーロ相場がユーロ円主体の動きからユーロドル主体に変わったことが確認できた。また、ずっと低下していた恐怖心理指数が再度上昇を始めている。今までの楽観的なリスクテイクからリスク回避に相場全体が変わりだした可能性があり、ユーロ買い、ドル買いからユーロ売り、ドル売りに転換しはじめているのかもしれない。短期トレンドと長期トレンドが再びシンクロし始めると、加速的にスピードが増すことも想定しておきたいですね。

ポジション

(1)USDJPY SELL 96.32 (S/L 95.60)

(2)USDJPY SELL 96.65 (S/L 95.60)

(3)USDJPY SELL 96.40 (S/L 95.60)

« ユーロドル急騰も時間足で捕まりそう! | トップページ | ドル円は底抜け、レートが飛んでいるので注意。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ユーロドル急騰も時間足で捕まりそう! | トップページ | ドル円は底抜け、レートが飛んでいるので注意。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ