2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 上海暴落もドル円が95円Midを抜けるのか? | トップページ | ドル円は96円乗せ期待だが、どこまで伸びるか? »

2009年7月30日 (木)

ユーロドルはツッコミ売りは危険、ただし戻さないかも?

ユーロドルが1.40ドルLowまで下落しています。米国指標が悪かったためにリスク回避がユーロドル売りの引き金になったようですが、ちょっと下げすぎていますね。とはいえ1.40ドルを割る局面も想定しておきたいところです。ただし、ココで売り急ぐ必要はなく、一旦下げ止まってから対処を考えたいですね。ユーロドルの特性として一方向に動きやすいというものがあり、そういう意味では調整が大きいだけなのかもしれません。

この後の動きは2パターンを想定しています。

シナリオA)1.40ドル割れで下げ止まり、調整終了。再び1.43ドルへ

シナリオB)1.40ドル割れで下げ止まり、一旦反発。ただし、1.42ドルを越えられず、再び下値模索。

どちらになるにしても一旦戻してからの動きが重要ですので、そこでの動きを見てからのエントリーになります。



あとドル円は95円ジャスト前後で上げとまっています。正直思ったほど戻しておらず、拍子抜けです。もう一段上げて戻り高値に面合わせするでしょうが、上抜けできるか?は疑問ですね。95.40ではもう一度売り直していきたいと思います。

« 上海暴落もドル円が95円Midを抜けるのか? | トップページ | ドル円は96円乗せ期待だが、どこまで伸びるか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 上海暴落もドル円が95円Midを抜けるのか? | トップページ | ドル円は96円乗せ期待だが、どこまで伸びるか? »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ