2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 【USDJPY】緩やかなる円高か?それとも? | トップページ | リスク回避が強まって(?)、ドル円は上昇否定。 »

2009年7月 6日 (月)

クロス円が下落を主導して、ドル円も上値が重い。

月曜朝からユーロ円が下落しはじめていたこともあり、ドル円も上値を抑えられました。ポンドの急落もクロス円の下落に拍車を掛けたようですね。ドル円は96円を維持できなかったことで、目先のS/Lを叩いたようで、現状も軟調な動きをしています。ただし、ココから先は突っこんで売るよりも、戻り売りでいくしかないのだろうと考えています。それはなぜかというと・・・。



ドル円は時間足のレジスタンスが95.40と95.80-96.00にあります。現在位置のすぐ上にあるレジスタンスが上値を押さえに掛かっていますので、買い転換するには94.80を下抜く前に95.40を時間足で抜きたいところです。逆に戻り売りなら95.80-96.00の位置まで待ちたいところで、下抜けた場合は93.60を下抜けるまではツッコミ売りは避けたいですね。今回は3回目なので下抜けるような気がするのですが、93.80-94.60は今まで止められてきた位置なので、抜け切るまではあまりポジションを傾けたくありません。特に月曜日ですので、ダウ等の動きをよく見てから動くようにしていきたいです。

ユーロドルは1.39ドルHighにレジスタンスがあり、これに抑えられています。目先でいうと下離れてはいますが、時間足では6/24,25の両日1.39ドル割れで下落を止められており、もう一段の下げないと止められる可能性も低くありません。1.38ドルMidを下抜けるようなら売りを考えますが、とりあえずはもう少し動きをみてからにしたいと思います。

ユーロ円は下離れており、すでに下は目先安値の131円Midを目指しそうに見えます。レジスタンスは弱いのが132円High、強いのが133円Highに位置し、この133円Highを上抜けなければ到底ブルトレンドにはなりません。ただし、ドル円、ユーロドルの動きからするとココから一気に下げるという方向ではなさそうなので、とりあえずレジスタンスまで戻ったところを戻り売りにしたいところです。これはおそらく明日以降になるとおもいますので、今日は見送りたいですね。でも絶対買う場面ではありませんので、ロングは禁止です。

ポジション

(1)USDJPY SELL 96.32 (S/L 96.20)

(2)USDJPY SELL 96.65 (S/L 97.20)

(3)USDJPY SELL 96.40 (S/L 96.20)

« 【USDJPY】緩やかなる円高か?それとも? | トップページ | リスク回避が強まって(?)、ドル円は上昇否定。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【USDJPY】緩やかなる円高か?それとも? | トップページ | リスク回避が強まって(?)、ドル円は上昇否定。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ