2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 戦略ではなく、ドル円の戦術の見直しが必要。 | トップページ | 【EURUSD】中長期のレジスタンスと短期のサポートのブレイク勝負。 »

2009年7月26日 (日)

【EURJPY】再びサポートライン上に復帰できるか?

今週のユーロ円は先々週の下げ分を取り戻して134円Midで引けています。ユーロドルの動きよりも、ドル円の上げ下げに引きずられていますね。1/21の112.07から5/18の126.95へ引かれたサポートラインが135円Low近辺にあり、コレがレジスタンスラインとしてワークするか?が来週の注目点になるかと思います。もしココを越えられるようなら、5/18の126.95および7/8の126.98が底を形成し6/5の139.19が天井となるレンジの可能性が出てきます。特に7/1の136.86を越える場合にはショート相場であることが否定されますので注意したいですね。逆にロングも139.19を明確に越えるまでは否定されています。つまり、135円Low-137円Lowまでは基本ショート、137円Low-139円Lowはレンジ、140円越えでロングとなっています。

あとユーロ円をはじめ各通貨のボラが下がってきています。積極的にショート相場とみるのではなく弱いショート相場、若しくはレンジ相場として見ておく方が無難なのかもしれません。強いトレンド傾向が見られるまでひきつけて勝負するしかなさそうです。

« 戦略ではなく、ドル円の戦術の見直しが必要。 | トップページ | 【EURUSD】中長期のレジスタンスと短期のサポートのブレイク勝負。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 戦略ではなく、ドル円の戦術の見直しが必要。 | トップページ | 【EURUSD】中長期のレジスタンスと短期のサポートのブレイク勝負。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ