2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« ユーロドル踏み上げがどこまで進むか? | トップページ | 超短期か逆張りで勝負するしかない、個人投資家にはつらい相場展開。 »

2009年6月24日 (水)

ドル売り続くが、FOMC前に一服か?

耐久財受注が良かったこともあり若干ドル買いですが、FOMC前にあまり動かなくなってきましたね。昨晩ユーロドルを1.4015で売ったのですが、昼間にS/L1.4130をヒットしてしまい損切りとなってしまいました。ユーロドルはココまであがるとよくわからないですね。日足を見ると上値を攻めるほどではないので買うに買えないですし、次のアクションまで様子見するしかないですね。ドル円は95円を早朝に抜けましたが、それ以降下落は続かず95円Low-Midで停滞しています。上値は重そうですが、さりとて下値を攻めるのもむずかしいそうです。それではテクニカルを見てみましょう。

ドル円は時間足で下げ止まっているものの上値は96円ジャストまでレジスタンスが下がってきており、まずはココを越えられるか?阻まれるか?が勝負の分かれ目です。これを上抜けれないようなら、日足でも下げ基調が加速される可能性がでてきます。抜ければ94円Mid-95円がレンジ下限を形成することとなり、しばらく低位安定の状況になるのかもしれません。とりあえず上値への反発がどうなるか?見てみたいですね。

ユーロドルは1.41ドルをブレイクし、1.40ドルに出来た時間足サポートに支えられています。これが維持できている間はブルトレンドでよいと思います。ただし、このままだと1.41ドルにレジスタンスができますので、できればはやく1.41ドルに定着したいところですね。下はもし1.40ドルを割っても最終サポートが1.39ドルLowにありますので、ここで一旦止まると見ています。買うならそこまで待ちたいです。

ユーロ円はドル円に引きずられている模様で、134円Midにレジスタンス133円Midにサポートがあり、それに阻まれています。当面はこの間に終始しそうですので、抜けるまで待ちましょう。といいつつ、個人的には134円Lowで売っちゃったので、しばし辛抱します。

ポジション

(1)USDJPY SELL 98.15 (S/L 97.20)

(2)USDJPY SELL 95.80 (S/L 96.40)

(3)USDJPY SELL 95.40 (S/L 96.40)

(4)EURJPY SELL 134.20(S/L 135.20)

« ユーロドル踏み上げがどこまで進むか? | トップページ | 超短期か逆張りで勝負するしかない、個人投資家にはつらい相場展開。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ユーロドル踏み上げがどこまで進むか? | トップページ | 超短期か逆張りで勝負するしかない、個人投資家にはつらい相場展開。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ