2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« ドル円は売りシグナル示現、ユーロドルも続くか? | トップページ | 円買いなのか?ドル安なのか?見極めながら仕掛けていきたい。 »

2009年5月17日 (日)

ドル円に続き、ユーロ円もH&S成立なるか?

先週は久しぶりにドル円が下げたことで、ショートの絶好のチャンスだったのですが、出張であまりアクティブに動けませんでした。今週は一時的に反発する場面があると思いますので、戻り売りでがんばりたいですね。それではテクニカルです。



【ドル円/USDJPY】

4/6の高値101.45をヘッドとするH&Sが成立し、またネックであった95.63の安値を切ったことで日足チャートではバイアスが下向きに掛かる状態。中長期のトレンドとシンクロしているので、来週以降もアクティブにポジションを構築していきたいところだ。ただし、日足での売られ過ぎシグナルが出ていることから、今週中のどこかで一旦下げ止まると見ている。下値は94円前後を想定しているものの、ココからの突っ込み売りは避け、戻り売りに徹したい。上値目処は日足の短期線の位置する97円Mid、および上記H&Sのネックラインである96円Midとなる。週初めに下げ止まるか、水曜日あたりで下げ止まるか?見てから戻り売りの位置を探っていきたい。なお、確率的にかなり低いとは思うが月曜の朝GapDownでスタートするようなら、注意しておきたい。チャート上、下バイアスが強いこと及び下に支える明確なチャートがないことから、相場が崩れると止まる位置は無い。

【ユーロドル/EURUSD】

中長期のレジスタンスラインが止められたことで、一応下げトレンドは終了したことになる。ただし、3/23の高値1.3735を明確に上抜けていないことから、いまだブルトレンドには到っていない。したがって1.38ドルにタッチするまではレンジ相場として対応しておきたい。具体的には1.37台でショートし、1.38に抜けたら撤退する作戦と、サポートラインの位置する1.3091での動きに着いていく作戦で臨みたい。ただし、1.3091を下抜けた場合は注意が必要で、1.2891の戻り安値を切れると総崩れになることも思案して動く必要が出てくる。あまり思い込みや固め打ちは避けたほうが無難だと思われる。

【ユーロ円/EURJPY】

ドル円の動きと同じく日足でのH&Sになっているようにみえる。ただし、ネックラインが切れていないこと、また日足でのサポートラインが切れていないことから、現時点では判断を保留するしかない。ただし、上で述べたユーロドルの1.3091が切れると、こちらも崩れてサポートラインを切る可能性があるので、注意してきたいところだ。ファンダメンタルズ的にはベアトレンドになると見ているが、テクニカル的にはウェッジパターンがもう少し継続するとみているので積極的に仕掛けるには材料不足に思える。ユーロドルの推移を見守りつつ、新たな動きに期待したいところだ。



ドル円を始め、為替と株式相場の相関がなくなってきています。逆にドル円とユーロドル等でドル相関がもどってきており、ソロスの反射理論ではないですがユーロドルがドル安なら、ドル円もドル安に動くようになってます。崩れるととめどなく崩れますので、ポジションには注意しておきたいです。

« ドル円は売りシグナル示現、ユーロドルも続くか? | トップページ | 円買いなのか?ドル安なのか?見極めながら仕掛けていきたい。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ドル円は売りシグナル示現、ユーロドルも続くか? | トップページ | 円買いなのか?ドル安なのか?見極めながら仕掛けていきたい。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ