2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 【EURUSD】買われ過ぎだが上伸の余地有。 | トップページ | 【USDJPY】突然の急落は無いが、緩やかなる円高が継続する。 »

2009年5月30日 (土)

【EURJPY】明確なサポートラインが示現しているが、買いたくない状況。

先週のユーロ円はユーロドルの上伸に支えられ堅調に推移しました。先々週高値を更新したことで、日足でのサポートラインが明確化しておりこれを割り込むまでは買いしかありません。ただし、月足、週足を見てみるとあくまで下落過程での戻しのように見えますので、上値は限定的と考えています。とはいえ戻しのウェッジパターンになってますので、安易な売りは禁物ですが・・・。それではテクニカルを見てみましょう。

日足では1/21の112.07と4/28の124.38を結んだサポートラインに支えられた形を継続したまま先々週の高値を更新したことでブルトレンドを継続しています。次の目処は4/6の高値137.39となりますが、ウェッジパターンならこのまま抜けてもおかしくはないです。レンジ期待での戻り売りはちょっと危険かと思いますので、サポートラインを明確に割り込むまでは売りづらいです。逆にファンダメンタルズ的に買いも難しい局面です。もし買うとしたら日足の短期線のある131円High前後まで押し目があれば買っても良いかもしれません。それ以外は高値掴みになる可能性がありますので、避けたほうが無難でしょう。週足で見た場合は史上最高値169円から112円まで落ちたあとの調整の戻しにすぎません。半値戻しである141円ジャストや一目均衡表の雲上限である141.76が戻しの目処になりそうではありますが、おおきな下落の後ですのでオーバーシュートは覚悟して対応しましょう。

来週の見立てではユーロドルと同じく上値を攻めるとみてはいますが、ユーロ円を買う意味があまりありません。買うならユーロドルを買えば良いだけですし、売るにはテクニカルが悪すぎます。テクニカル的に売りシグナルが点灯するまでは待つしかありませんね。

« 【EURUSD】買われ過ぎだが上伸の余地有。 | トップページ | 【USDJPY】突然の急落は無いが、緩やかなる円高が継続する。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【EURUSD】買われ過ぎだが上伸の余地有。 | トップページ | 【USDJPY】突然の急落は無いが、緩やかなる円高が継続する。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ