2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« ドル円は103円、ユーロドル1.38ドルのレジスタンスへ。 | トップページ | ユーロドルはサポートライン割り込み、調整を覚悟しておきたい。 »

2009年4月 6日 (月)

ドル円、ユーロ円高値から下落。

ドル円、ユーロ円がそれぞれ高値101円Mid、137円Midから下落して押し目を形成する動きを見せています。それぞれ高値を示現した形で、ココから上を攻められるのか?が見ものになりそうです。ドル円は昨日述べたようにチャート上103円の週足レジスタンスに向かう方向ですが、ご存知のとおり101円は昨年までのドル円の底値としてワークしていた位置でもあります。ココから上は買い玉が溜まっているはずですので、強い抵抗帯になることも考えておかなくてはいけません。(長期では101~102円で売りを考えるとした理由です。)本日示現した101円Midが本当に高値になるのか?それとも103円前後まで上伸するのか?じっくり攻めたいですね。個人的には嫌がらせで102~103円越えがあるのでは?と考えてます。嫌がらせとは「ショートポジションを損切りさせてから下落する」というパターンです。持ち高調整の場合、そのような動きにはなると思いますので、注意しておきたいです。

さてドル円は100.40程度に時間足でのサポートがあり、そこを割れると99円ジャスト程度までの下がりは想定しておきたい。最終ラインは98円と見ておきたい。

ユーロドルは1.34Highの時間足サポートを割り込んだため、1.33ドルくらいまで調整しそう。早々に1.35ドルに回復できればさらなる上伸も望めるが、そうでないなら逆に1.35ドルが重しになる可能性がある。

ユーロ円は時間足のサポートである135円Midまで下げてきている。ココが維持できるようなら再度上伸する可能性が高い。割り込むと一旦調整が入り、132円程度まで下げそう。



ドル円、ユーロ円ともに買いたいところだが今の位置は流石に高いので、焦らず押し目を待ちたいと思う。

« ドル円は103円、ユーロドル1.38ドルのレジスタンスへ。 | トップページ | ユーロドルはサポートライン割り込み、調整を覚悟しておきたい。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ドル円は103円、ユーロドル1.38ドルのレジスタンスへ。 | トップページ | ユーロドルはサポートライン割り込み、調整を覚悟しておきたい。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ