2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« クライスラー交渉決裂でもユーロ高値更新。 | トップページ | ソブリン系ファンド »

2009年4月30日 (木)

ドル円は二番天井を、ユーロ円はウエッジパターンかな???

ドル円98円乗せまで上伸しています。メイントレンドの動きだとは思えませんが、動けば相場。対応せざるを得ません。一応ドル円は97.60で利食いし、ユーロドルは1.3360で損切りしました。

テクニカルで見るとドル円に関していえば、97円Lowのレジスタンスラインを切り返しての上伸で、今度は97円Midにサポートが出来ています。時間足でも中期線が97円Lowに位置していますので、97円を割れない限り強い形です。目先99円を目指す形になってますので、しばらく待ってから売り場を考えたいです。

ユーロドルは日足で作っていた弱いレジスタンスラインを切り上げてきています。このため、下にサポートラインが出来ており、このサポートラインと中期のレジスタンスラインで三角持合の形となってます。現在、それぞれ1.30と1.36に位置しますので、しばらくはこれに挟まれた動きになるのかもしれません。今の流れからすると上値の1.36まで上がると見ての対処になります。

ユーロ円はよくわからない動きですが、とりあえず最高値と戻り高値を結んだラインがレジスタンスラインになると見た場合、これが134円にあります。とりあえずそこまで上がると見て、そこから売り掛けなどを考えたいと思います。今はちょっと手出し無用ですね。



ユーロドルはともかく、先週末からドル円とユーロ円はちょっと奇異な動きに見えます。あまり値ごろ感で手を出すと火傷するかも知れません。特にユーロ円はアンカー効果で高くみえたとしても、手を出さないようにしたいです。

ドル円は二番天井を、ユーロ円はウエッジパターンかな?と思いますが今の段階では判断材料が少ないので、明言を避け推移を見守りたいです。

« クライスラー交渉決裂でもユーロ高値更新。 | トップページ | ソブリン系ファンド »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« クライスラー交渉決裂でもユーロ高値更新。 | トップページ | ソブリン系ファンド »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ