2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« 流動性が低下中。GDP発表後も荒れそう。 | トップページ | クライスラー交渉決裂でもユーロ高値更新。 »

2009年4月30日 (木)

相場全体が微妙な値動き・・・。

うーん、昨晩のGDP&FOMCの値動きは微妙ですね。ユーロドルは1.33ドルを越えて1.33Midで蹴り落とされたのはまあ判るのですが、ドル円が97円Midを越え、98円に達しないというのは解せないです・・・。まあ流動性が低下しているためといってしまえばそれまでなのですが・・・。

さてドル円はレジスタンスラインを切り上げましたので、理屈上は再度上値を目指す展開になります。ただし、二番天井を付けにいく動きになるでしょうから、98円Mid-Highでは止まるのでは?と見ています。

ユーロドルはオーバーシュートしたものの1.33Lowにあったレジスタンスラインを守ったことから、1.33Midを抜けるまでは戻り売りになります。この後下値模索になるようなら1.31Lowまで落ちた後の動きを注意したいですね。ただし。日足のMACDが反転しそうで、もしユーロブルになるなら一旦切ってから1.36ドルでもう一度売りなおしたいと思います。

ユーロ円もドル円と同じく上抜けしたものの、130円を明確に越えるのか・・・?テクニカル的には上昇波動継続ですが、ファンダメンタルズ的に上値を追いたくありませんので、ちょっと休憩しておきたいですね。GWでもあるし、あまり無理する局面ではないように思います。上がってくれれば高値で売れると考えておきたいです。

ポジション

(1)EURUSD 1.3300 (S/L 1.3360)

« 流動性が低下中。GDP発表後も荒れそう。 | トップページ | クライスラー交渉決裂でもユーロ高値更新。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 流動性が低下中。GDP発表後も荒れそう。 | トップページ | クライスラー交渉決裂でもユーロ高値更新。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ