2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ぺそぎん時計

« イースター休暇にて開店休業。 | トップページ | イースターの中、ユーロドルは若干買い戻し。 »

2009年4月12日 (日)

ユーロ円は珍しいチャートで天井を暗示している。

イースターがあったこともあり、ドル円は小動きに終始した1週間でした。一方のユーロドルは再び下落の動きを見せており、上値の重さを認識させる形になっています。ユーロ円も上値が重くなっており、そろそろ下落し始めるのかな?と思います。それではテクニカルを・・・。



【ドル円/USDJPY】

ドルブル基調が継続しており、チャートとしては堅調な形。96円前後に日足でのサポートラインが位置しており、また短期線が98円Midをサポートしている。当面はココを維持できるはずなので、大きく崩れることはないと思う。一方の上値だが、週足のレジスタンスが103円前後にあること、および一目の雲上限が103円から102円に下がり始めていることから、抜けても102-103円が重しになると思われる。また、日足の長期線である200日線が99円にあり、ここを大きく上に乖離することもない。総論として今後の動きとしては、どこかで96-98円台まで一旦下落するも、押し目に留まり大崩することはないと見ている。ただし、上値も105円まで到達することはないだろう。中長期のトレンドを考えると102円から上ではショートポジションの構築も視野に知れておきたい。

【ユーロドル/EURUSD】

今週は1.37の高値から引き続きじり安に移行した。先々週の戻り安値も一時割り込んでおり、来週も軟調に推移することになると思われます。中長期ではいうまでもなく高値1.60からのレジスタンスラインがワークしており、これが1.37Lowにある。ちょうど戻り高値もココに位置し、基本的には1.37Lowをバックに売りといきたい。上値を抜ければドテンの買い追従となる。逆に下げるならじり安が続くだろう。今の時点では1.23手前で買い戻すことを前提とし、売っていくしかないと思う。

【ユーロ円/EURJPY】

ドル円の堅調もあり、ユーロ円のチャートも堅調さが目立つ。現在サポートラインが128円Midに位置し、日足の短期線が131円Lowに存在する。これが今後サポートとワークするか?一方、上値は日足の長期線136円に抑えられる形になっており、非常に重苦しい形になっている。

今回の日足チャートをみると非常に面白い形になっている。RSIがダイバージェンス(逆行現象)を見せており、ブルトレンドの終焉を暗示しているのだが、実はMACDもダイバージェンスを見せている。RSIなどのオシレーター系でのダイバージェンスはよく見られるが、MACDなどのトレンドフォロー系でのダイバージェンスは非常に珍しい。ぜひよくみておいてもらいたい。



上記のようにユーロ円はそろそろ天井付近に位置していると思われることからも、サポートを割り込むようなら絶好のショートエントリーの位置になると思われる。ドル円、ユーロドルも引きずられる可能性が高いとおもうので、落ち始めたら波に乗り遅れないようにしたい。

« イースター休暇にて開店休業。 | トップページ | イースターの中、ユーロドルは若干買い戻し。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« イースター休暇にて開店休業。 | トップページ | イースターの中、ユーロドルは若干買い戻し。 »

Twitter

相場に役立つ書籍

  • 内容は投資関連書籍書評をご覧ください。

    お勧めランクは☆☆☆☆☆

    お勧めランク
    ☆☆☆☆☆/お金を無理してでも買うべき
    ☆☆☆☆★/お金を都合して買うべき
    ☆☆☆★★/お金に余裕があれば買うべき
    ☆☆★★★/暇があれば読むべき
    ☆★★★★/読む必要が無い

BLOG LINK

無料ブログはココログ